閉じる

事故車買取コラム

車検が切れた車で交通事故に!?事故後に車検や自賠責保険はどうなる?

この記事では、車検が切れた車を走らせて事故に遭ったときの罰則や、事故車の処分方法などについてご紹介します。

車検が切れた状態で公道を走ることは法律で禁止されていますが、

「車検に出す暇がなくつい2~3日過ぎてしまった」
「実施日を一ヵ月間違えていて、車検に出し忘れた」

という理由で、そのまま車検に出さずに乗っている方が少なくありません。

しかし交通事故はいつどこで起こるかわかりません。車検切れの状態で何か不具合などが起きた際、事故に遭ってしまう恐れも。

まずは車検切れの車を運転した場合の罰則から見ていきましょう。

 

車検切れの車を運転したらどうなる?

車検切れの状態で公道を走行した場合、「無車検車運行」で「道路運送車両法」違反となります。その際、定められている罰則は以下のとおりです。

・違反点数6点
・30日間の免許停止
・6ヵ月以下の懲役または30万円以下の罰金

たとえ前歴がない場合でも、30日間の免許停止となります。また、この罰則は日付がわかった瞬間から適用されるので要注意。車検は明日までと思っていても、帰宅が遅くなり0時を過ぎてしまえば違反の対象となります。

 

自賠責保険切れの罰則

もうひとつ注意したいのが、「自賠責自動車保険」です。自賠責自動車保険は強制保険ともいわれるもの。もし未加入(期限切れ)の状態で公道を走らせた場合は、「無保険車走行」で自動車損害賠償保障法違反となります。無保険車走行の罰則は以下のとおりです。

・違反点数6点
・30日間の免許停止
・1年以下の懲役または50万円以下の罰金

自賠責自動車保険が切れている無保険車走行は、車検切れよりも罰則が厳しいです。「任意の自動車保険に加入していれば大丈夫」と思う方もいるようですが、自賠責自動車保険はあくまでも強制保険。加入状況はしっかりと把握しておきましょう。

また、自賠責自動車保険は車検の期限より1ヵ月程度長めに設定されていますが、車検時に更新します。そのため車検切れの場合は、自賠責自動車保険も切れている可能性が高いことを覚えておきましょう。

 

車検切れ+自賠責保険切れの罰則

もし、車検と自賠責自動車保険が両方とも切れている状態で公道を走行した場合、2つ違(無車検車運行+無保険車走行)を犯したことに。この場合の罰則は最大で以下のとおりです。

・違反点数6点
・30日間の免許停止
・1年6ヵ月以下の懲役または80万円以下の罰金

違反点数に関しては、違反行為のうちもっとも高い点数のみが適用されるため、6点となります。

ただし、上記の違反点数や罰則などは、前歴や他の違反がない場合のもの。すでに違反点数や前歴があったり、同時にスピード違反もしていたりするケースでは、さらに罰則などが重くなります。

以前は「車検切れに全く気づかず、警察から厳重注意のみで見逃してもらえた」という話も耳にしました。しかし現在は取り締まりが非常に厳しくなっています。

もちろん、公道を走行しない場合は、車検と自賠責自動車保険が切れていても罰則・罰金はありません。とはいえ、うっかり車検切れを忘れたまま走ってしまい、免許停止に加え罰則となれば、生活に大きく影響してしまいます。余裕を持って車検に出すことをおすすめします。

 

もしも車検切れ状態で事故を起こしたら……

車検と自賠責自動車保険が切れた場合の罰則などについてご説明しましたが、もしその状態で交通事故に遭ってしまった場合はどうなるのでしょうか?

 

ケース1:車検切れのみで、自賠責自動車保険は有効の場合

基本的には自賠責自動車保険と任意自動車保険の両方を利用できます。ただし、加入している保険の約款で「無車検車運行の補償はしない」と明記されている場合があるため注意しましょう。

その他、上記で挙げた無車検車運行の違反点数と罰則に加え、交通事故の状況に応じて違反点数や罰則が科されます。

 

ケース2:車検と自賠責自動車保険どちらも切れている

もちろん自賠責自動車保険は利用できません。任意自動車保険は使用できることもありますが、こちらも約款次第。もし使用できても、任意自動車保険が支払う金額は、もともと自賠責自動車保険では足らない部分のみです。

そのため、事故で相手にケガをさせてしまい、治療に200万円かかった場合、自賠責自動車保険の補償限度額は120万円。不足分の80万円は任意自動車保険から補償されますが、自賠責自動車保険分の120万円は自己負担です。

相手に後遺症が残る、または死亡させてしまった場合、賠償額が数千万円以上になるケースも。車検・自賠責が切れている状態での走行は絶対にやめましょう。

加えて、ケース1と同様、事故状況によって違反点数や罰則が科されます。

 

車検切れの車はどう対処すべきか

繰り返しになりますが、車検切れの車は公道を走ることができません。「ではどうやって車検に出すの?」と疑問に思う方もいるでしょう。車検切れの車を移動させるには、2つの方法があります。

 

積載車(せきさいしゃ)で移動させる

「レッカー移動で良いのでは?」と思われがちですが、タイヤが公道に面していると「走行」と判断されるケースがあります。そのため、積載車に車を丸ごと乗せて運びます。

 

仮ナンバーを取得する

仮ナンバーとは、一時的に公道の走行が許可されるもの。市区町村の役所・役場などで発行してもらえます。ただし、自賠責自動車保険が有効でなければ発行してもらえません。車検・自賠責の両方が切れている場合、まず自賠責保険の手続きをしましょう。

車検を行っている業者に代行を依頼することも可能ですが、発行手数料と代行手数料がかかります。

一方、車検切れの車で交通事故に遭った場合、仮ナンバーを取得している暇はありません。積載車を手配し、修理工場や買取業者などへすぐに移動させましょう。

 

事故車の処分に困ったらタウにお任せ

車検が切れた車で事故を起こしてしまった場合、どう対処したら良いのか頭を抱えてしまいますよね。さらに車の損傷が激しいと、後々「修理して乗り続けるのか、または乗り換えた方が良いのか」といった問題も浮上します。

事故で損傷した車は、まず修理代金を見積もってもらい、買取業者にも査定を依頼しましょう。その上で、自身が加入する保険を確認します。

車両保険に入っている場合、修理代金には保険が適用されます。いくらまで補償されるのかを確認しましょう。ただし保険を利用すれば等級がダウンし、翌年の保険料が上がります。どの程度保険料が上がるのかもあわせてチェックしましょう。

車の損傷が激しく骨格(フレーム)部分まで修理が必要となると、修理代金は高くなります。修正せずに売却するとしても査定額に大きく影響し、予想していた金額より低い査定額になることも。このような場合は無理して修理せず、売却して乗り換えを検討しましょう。

 

放置するよりも、まずはタウへご相談を

もっともやってはいけないのは、事故車を放置すること。車の素材はほぼ金属のため、例えば塗装剝がれていれば、サビてきます。時間が経つにつれてかかる修理代金は高くなり、査定額は下がります。早め早めに対処していきましょう。

一方で、こう悩みの方も多いことでしょう。

「事故車は買取に出しても二束三文にしかならないのでは?」
「修理できない事故車は廃車にするしかないのでは?」

そこでおすすめしたいのが、事故車の買取を専門とする業者の利用です。

事故車買取専門業者タウは、ディーラーや中古車買取業者では値がつかないような事故車、修復歴車、未修理車、水没車、不動車などを専門に買取しています。

日本車は海外でニーズが高く、たとえ事故車でも高い価格で流通しています。タウは世界120ヵ国以上に販売ネットワークを持つため、どのような状態の車でも高価買取が期待できます。

「修理代金が高い」
「事故車は縁起が悪いので乗り換えたい」
「他の買取業者では値がつかない」

事故車の処分でこうお悩みの場合は、ぜひ一度タウにご相談ください。

 

カンタン便利なオンライン査定システムをリリース

2020年3月、タウは「オンライン事故車査定システム(旧事故車売却シミュレーター)」を新たにリリースしました! 「少しでも早く売りたい」「査定に立ち会う時間がない」というお客様の声にお応えするため、独自に開発したシステムです。

システムの利用方法は非常にカンタン。以下の情報を入力するだけで買取金額を算出できます。

 

入力する車情報

メーカー・車種・型式・グレード・年式・走行距離・色・損傷情報の入力

 

「損傷情報の入力」では、「損傷あり」をクリックすると、損傷状態を表した写真が表示されます。自身の車に近い状態を選択するだけなので、車に詳しくない方でもカンタンに入力できます。

提示された金額は実際の買取金額です。その金額に納得していただけた場合、さらにお客様情報、車検証や車の写真を添付していただくことで、そのまま契約に進めます。

 

オンライン事故車査定システムで査定額をチェックしてみる→https://www.tau-reuse.com/assessment/

 

オンライン事故車査定システムの対象は、交通事故などで損傷した事故車のみです。水没してしまった水害車は、従来の「水害車売却シミュレーター 」をご利用ください。

「オンライン上だけの取引では不安」という方は、タウの無料出張査定をご利用ください。加えて、24時間フリーダイヤルの「ご売却相談ダイヤル」や問い合わせフォームもご用意しています。事故車の対処方法、売却についてのご相談も随時受付中。どうぞお気軽にお問い合わせください。

無料査定はこちら CLOSE
どんな状態の事故車でも
買い取り可能です。
無料査定のご依頼は
お電話で。
どんな状態の事故車でも買い取り可能です。
無料査定のご依頼はお電話で。
CLOSE