閉じる

事故車買取コラム

ローンが残っている事故車は売れる?廃車や乗り換え方法について解説

大きな買い物をしたいけれどまとまったお金が用意できなければ、ローンを組んで購入する方は多いはずです。車を購入する場合も、現金一括で支払う方法とローンで支払う方法があります。

 

しかし、ローンが残っている状態で事故や水没被害に遭ってしまい、廃車や乗り換えを余儀なくされたら、残っているローンはどうなるのでしょうか? 事故車の売却方法やタウのローン組替サービスなどについて解説します。

 

ローンが残っている車で事故に遭ってしまったら

ローンが残っている車で事故や水没被害に遭い、廃車や乗り換えが必要になった場合、まずは車の所有者(名義)を確認しましょう。誰が所有しているかによって廃車や売却の方法が異なります。

 

車の所有者は次の3通りです。

・本人

・家族

・ローン会社やディーラー、クレジット会社

 

それぞれの廃車・売却方法は次で解説します。

 

ローンが残っている車の廃車・売却方法

ローンが残っている車を廃車もしくは売却する場合、どのような手続きが必要なのでしょうか。所有者別にみていきます。

 

・所有者が本人の場合

車の名義が本人の場合、廃車や売却は所有者の自由です。特別な手続きは必要ありません。

 

・所有者が家族の場合

もし家族名義の場合、本人の同意を得なければなりません。実際に廃車や売却をする際は、委任状や印鑑証明などが必要です。

 

・所有者がクレジット会社やローン会社の場合

名義がローン会社やクレジット会社になっている場合、まずは自分に名義変更させる必要があります。そのためには、まずローンをすべて返済しなければなりません。

 

▼名義変更するために必要なもの

・自動車検査証

・所有者(新旧)の印鑑証明と委任状

・納税証明書

・譲渡証明書

・新所有者の車庫証明書

 

書類などをそろえれば自分でも役所で手続きできますが、車を売りたいと考えている買取業者やディーラーなどに相談すれば手続きを代行してくれます。とはいえ、「ローン残債分を一括で用意できない」という方もいることでしょう。その場合の対処方法は次で解説します。

 

買取額でローン残債分を支払う場合

ローン残債分を一括で用意できない場合、買取業者やディーラーへ車を売却し、そのお金をローン返済に充てることが可能です。

 

・ローン完済できるケース

買取金額でローンを完済できる場合、とくに問題はありません。残ったお金は乗り換え資金に充てるなど、自由に使うことが可能です。

 

・ローン完済できないケース

場合によっては、買取金額が安くローン完済できないことも考えられます。とくに事故車の場合、損傷が激しいと高価買取は難しいでしょう。その場合、残ったローンは現金で用意するか、新しい車に残債を上乗せするといった手段をとります。

 

ローン完済のためにより高く売る方法

できることならローンを残すことなく完済したいと思いますよね。そのために、事故車を少しでも高く売る方法を押さえておきましょう。

 

・純正装備やオプション装備をアピール

純正ナビやディーラーオプション、メーカーオプションは買取額アップにつながる場合があります。ETCやドライブレコーダー、自動ブレーキ、スマートキーなどが対象になります。カスタムする場合は、純正パーツを大切に保管しておきましょう。

 

・タバコやペットなどの臭いを残さない

車内の臭いは売却時に大きなポイントになります。とくにタバコは、中古車販売の際に「喫煙車・禁煙車」の区分があるくらいなので、査定時にも確認される可能性が高いです。日頃から注意して使用するのが大切ですが、既にタバコやペットの臭いがついている場合、無理にクリーニングする必要はありません。クリーニング代の方が高くつくケースもあるからです。

・普段からこまめな洗車を心がける

普段からこまめな洗車が行われており、ボディがキレイに保たれていれば査定時に評価が上がります。これは普段から意識してほしいポイントです。査定直前に慌てて洗車したとしても、大幅なアップは見込めず、あまり意味がありません。

 

・屋内保管で色あせを予防する

車のボディは日光や雨などによって徐々に劣化していきます。屋内で保管することで、劣化を抑えることができるため、可能であれば屋内保管をおすすめします。色あせなどの劣化は、キズやへこみのように修復することはカンタンではありません。日頃の保管方法を意識することで、少しでも買取額を上げることができます。

 

・車検切れ前に査定に出す

車検間近に車を売却する場合、車検に通してからの方がいいのではないかと考える方もいるでしょう。しかし、車検を通してから売ったほうがお得になることはありません。業者に依頼した場合、車検を通すのに軽自動車で約7万円、普通乗用車で約10万円かかります。査定額がこの額をカバーするほど上がることはないため、車検を通さずに査定しましょう。ただし、車検が切れると買取業者までの移動ができなくなるので注意してください。

 

・下取りではなく買取を選ぶ

下取りとは、次に乗る車を購入することを条件に今の車を買い取ってもらうことです。この方法なら、査定してもらうためにいくつも業者を回らなくて済みます。ただし、下取り価格は新車購入費の割引額として自動的に充てられます。とくに新車ディーラーや中古車買取店は、車の販売がメインで買取は得意とはいえず、事故車などはほとんど下取り額がつかないケースもあります。

 

一方で、買取専門業者であれば、転売するための適切なノウハウを持っているため、適正な価格で買取ってもらえる可能性があります。また、事故車に強い業者を選べば、予想もしていなかった値段がつくことも。売却先の業者は1社だけに限らず複数業者に査定を依頼し、一番高い買取額を提示した業者を選ぶことがポイントです。

 

タウのローン組替サービス

タウではローン組替サービスを行っています。ローン組替サービスとは、売却希望の車の残債額が買取金額を上回る場合、超過額(不足金額)を立替払いするサービスです。

 

ローン組替サービスご利用の流れは以下のとおりです。

 

1.返済シミュレーション

現在の残債額や車の査定額から月々の返済額をシミュレーションします。支払回数は6~72回までの範囲で調整可能です。

 

2.申込書作成・融資審査

審査のための申込書をご記入いただき、融資審査を行います。審査には免許証の用意が必要です。

 

3.契約・車のお引き取り

審査後、当社と売買契約の上、車のお引き取りを行います。

 

4.完済・名義変更

当社の査定額と融資額をあわせて残債を完済し、名義変更を行います。

 

ローン組替サービスの返済シミュレーション例

返済シミュレーション例をご紹介します。

 

返済シミュレーション1

・残債額150万円の場合(買取金額50万円、不足金額100万円)

1回目の支払額:36,928円

2回目以降の支払額:34,500円

⇒36回払いで完済

 

返済シミュレーション2

・残債額40万円の場合(買取金額15万円、不足金額25万円)

1回目の支払額:22,991円

2回目以降の支払額:22,500円

⇒12回払いで完済

 

ローンが残っている事故車はタウにご相談ください

タウは事故車を積極的に買取している事故車買取専門業者です。廃車するしかない、ほとんど値がつかなかった事故車などは、諦めずにタウへご相談ください。タウの特徴についてご紹介します。

 

・事故車専門の買取業者

事故車や水没車、不動車などの一般的には敬遠される種類の車を専門に扱っています。事故車買取業界でNo.1の実績があるタウだからこそ、自信を持っておすすめできます。

 

・どんな状態の車でも買取します

タウはどんな状態の車であっても、必ず買取します。「他社では1円にもならなかった」「他社では買取を拒否された」という車でもお気軽にご相談ください。

 

・119ヵ国もある海外への販売ネットワーク

タウは、アジアや中南米を中心に海外119ヵ国に販売ネットワークを持っています。性能が高い日本車は海外で人気が高いため、10万キロ走行しているような車でも大丈夫です。日本と諸外国の「価値観の違い」や「流通価格の差」に着目したタウだからこそできるビジネスモデルです。

 

・全国どこでも無料で出張査定

タウは日本全国20ヵ所以上に拠点があり、お客様のご自宅やお車を保管されている場所まで無料でお伺いします。中小規模の業者ではなかなかできないことが、タウなら可能です。

 

・レッカー代、廃車手続きの手数料が無料

動かすことができない車はレッカーで移動させる必要があります。その運搬にかかるレッカー代もタウでは無料です。その他、廃車手続きなどにかかる手数料もすべて無料なのでご安心ください。

 

無料査定のご依頼は、お電話・メール・フォームから受け付けています!

無料査定はこちら CLOSE
どんな状態の事故車でも
買い取り可能です。
無料査定のご依頼は
お電話で。
どんな状態の事故車でも買い取り可能です。
無料査定のご依頼はお電話で。
CLOSE