閉じる

事故車買取コラム

事故車の修理代はどれぐらい?修理費の相場と費用が高額になる理由

事故を起こして大切な車が損傷を受けたとき、修理代はどの程度かかるのか、とても気になるところです。エンジンはかかるのか、ボディのへこみだけなのかなど、状態によって修理にかかるお金は大きく異なります。

 

車両保険に入っていない場合、自腹で修理することになるため、とくに相場は知っておきたいものです。しかし、車両保険に入っていたとしても、保険を利用すればグレードが下がってしまうため、修理代の金額次第では自腹で直したいという人もいるでしょう。修理に出すべきか・買い替えるべきかについて、修理代金の相場についてご紹介します

 

車の部位別修理代相場について

大切な愛車が事故などによって損傷を受けたとき、気になることのひとつに修理代の問題があります。「あまりにも高額な請求が来てしまったらどうしよう」と不安になる気持ちはわかります。損傷を受けた部位や程度によって相場は違うため、あらかじめ把握しておくことで心づもりができます。

 

・エンジンの修理

事故を起こしたときエンジントラブルが発生すると、部品交換ではなく、エンジン自体を取り換えるというケースが少なくありません。エンジンは車の心臓部分でもあるため、とくに重要なパーツだからです。

 

エンジン本体の価格は国産のものであれば30~50万円ですが、さらに修理費用などが追加され、総額100万円近くになる場合も少なくありません。高級車や外車ともなれば、国産車と比べて数倍も費用がかかると思っておきましょう。

 

・フレームの修理

事故などによって車のフレームが変形してしまうことがあります。損傷を受けた場所や状態によって違いますが、修理費用は10~100万円にものぼります。

 

フレームの板金補修自体は10万円程度であっても、周辺パーツの解体や組み立てなども発生してしまうため、結果的に100万円程度かかってしまうケースもあるのです。フレームは車の中でも重要なパーツであるため、修復した場合は、「修復歴車(事故車)」となり、車自体の価値が下がってしまいます。

 

・バンパーの修理

フロントバンパーやリアバンパーは軽い事故でもキズがつきやすく、修理することが多い箇所です。小さなへこみや軽いキズであれば、1万円程度の修理費で済む場合もありますが、交換するほどの修理が必要な場合は、5~20万円が相場となります。これは一律ではなく、車種によって値段が異なります。修理で5万円を超すような場合は、新品のパーツに交換するほうが安く済むことになるかもしれません。

 

・ドアの修理

ドアにへこみやキズがあると塗装が剥がれ、サビの原因になるため、早めに修理したほうが良いでしょう。状態によって修理代は変わりますが、2万円~が相場と考えましょう。修理範囲が広くなればなるほど、その分費用も高くなります。ドアを丸ごと交換しなければいけないほどの損傷の場合は、10万円~が相場です。高級車など、車種によってはもっと高額になるケースもあります。

 

修理代が高額になる場合は売却も視野に入れよう

業者に見てもらったところ、思っていた以上に損傷が大きく、修理代が100万円を超すような場合は、買い替えを視野に入れたほうが良いこともあります。もともと中古で買った車だったり、かなりの年数を乗り続けている車だったりする場合、1~2万円程度の修理ならば良いのですが、20~30万円を超すときは買い替えた方がお得というケースもあります。

 

修理代に影響する要因

事故車を修理するとき、数万円で済む場合と100万円もの高額になってしまう場合とで、金額に大きな違いが生まれる理由は何でしょうか? それには次のような理由が影響しています。

 

・故障の箇所

バンパーの小さなキズやドアの小さなへこみのように板金塗装などでカンタンに修理ができる箇所もあれば、心臓部であるエンジンのように修理が難しく、部品を丸ごと入れ替えなければいけない箇所もあります。修理が難しい箇所や骨格など重要な役割を果たす箇所の修理の場合には、修理代が高額になります。

 

・故障の程度

まったく同じ箇所を損傷したとしても、少しこすった程度のようなキズであれば、数千円程度で修理できる場合があります。しかし、キズが大きかったり、大きく歪んでしまったりしているような場合は、数十万円~100万円程度になることもあります。故障の程度も修理代を大きく左右する要因です。

 

・修理の工程

カンタンな修理で済むのか、交換が必要なのかによって、その代金は何倍も違います。新しい部品を取り寄せて入れ替えなければいけないため、当然といえば当然です。また、修理をするとしても、板金塗装で良いのか、パーツを交換しなければいけないのかで代金は変わります。修理の工程でどのような作業が発生するのかを想像すれば、修理代金が違うのは理解できます。とはいえ、専門的なことはわからないため、業者に相談して見積もりを出してもらうのがベストでしょう。

 

・車の種類

国産車なのか、外車なのかによっても代金は大きく変わります。外車であれば部品パーツを海外から取り寄せて修理するため、そこにかかる労力と費用が上乗せされるためです。純国産の車であっても高級車の場合は、外車と同じくらいの修理代がかかることもあります。

 

以上が修理代に影響する要因ですが、専門的なことは業者に直接聞くのが近道です。一度相談をし、見積もりを出してもらってから判断しても遅くはないでしょう。

 

車の損傷具合によっては修理を断られるケースもある

修理ができる範囲の損傷であれば良いのですが、残念なことに修理自体の受付を断られるケースもあります。全体的に損傷の具合が激しいなどの場合は、業者では対応できません。

 

そういった場合は、車を売るという方法があります。「こんなボロボロの車を買い取ってくれるところがあるの?」と不安になるでしょうが、自走できないほど損傷していたり、故障や事故などによって価値が下がっていたりする車を専門に買取している業者があるのでご安心ください。

 

「故障した車は修理するしかない」「修理できないのであれば廃車にするしかない」と思っているのであれば、売却も検討してみてください。どんなに損傷を受けた車であっても、売れる可能性が十分にあります。

 

事故車でも海外では利用価値がある

事故車買取専門業者では、独自の海外流通ネットワークを持っていることがあります。そのため、日本では懸念されがちの事故車や水没車、故障車なども、海外では需要が高く、「日本車は品質が高い」「車は走りさえすれば良い」という考え方がある海外では、日本の事故車でも買取ってもらえるケースがあるのです。

 

業者によってはむしろ処分費がかかる場合もある

事故車専門の買取業者以外に、ディーラーや中古車買取店などもありますが、業者によっては買取ってもらえないどころか、むしろ処分費を請求されるケースもあるので注意しましょう。

 

中古車として売り出すことができるような車であれば、事故車であったとしても買取ってもらえますが、損傷が激しい車や、旧式の車は難しく、廃車にするための手数料や代行費用として数万円を別途請求されたというケースも少なくありません。

 

まとめ

車が動かないほどの損傷を受けた場合、修理しようと思うと、代金が100万円を超してしまうことも珍しくありません。また、車の重要部分であるフレームは、修理したとしても「修復歴車(事故車)」扱いを受け価値が下がり、将来売却しようとしても査定額に大きく影響する可能性があります。

 

実際には業者に見積もりを取ってみないと修理に必要なお金はわかりませんが、ある程度の相場を把握しておき、修理以外の事故車の処分方法も検討しておきましょう。

無料査定はこちら CLOSE
どんな状態の事故車でも
買い取り可能です。
無料査定のご依頼は
お電話で。
どんな状態の事故車でも買い取り可能です。
無料査定のご依頼はお電話で。
CLOSE