閉じる

事故車買取コラム

事故で壊れた車も高価買取!事故車買取業者を選ぶなら一括査定が便利!

大切に乗っていたのに、不慮の事故で壊れてしまった車の処分方法に困っていませんか? 事故車や故障した車は、「廃車にするしかない」と思っている方も多いと思います。

 

実は買取業者にはいくつかのタイプがあり、事故車や故障車などを専門に扱っている業者があります。海外への流通ネットワークや部品販売などのルートを持っている業者であれば、壊れた車であっても高く買い取っているケースがあります。今回は、事故車を買取専門店へ売るときの注意点、買取業者を選ぶときに利用したい一括査定についてご紹介します。

 

事故車買取専門店とは

事故車、故障車、水没車などを専門に買取をしている業者があります。「故障した車は廃車にするしかない」と思っている方もいるかもしれませんが、もしかしたら高く買取してもらえる可能があるので、一度相談してはいかがでしょうか。

 

故障車にも価値がある

事故や水没などによって故障し、走れなくなってしまった車にはどんな価値があるのでしょうか?一般的な中古車買取業者では、大きな損傷を受けた車は価値がほとんどなく、売ることが困難です。しかし、販売ルートの拡大などによって事情が大きく変わりました。

 

海外では、故障車であってもパーツ単体で見たときの価値や、鉄という資源としての需要などがあります。日本では人気や価値が下がってしまった車であっても、海外では問題がないというケースがほとんどです。そもそも日本の車は品質が高く、故障しにくいイメージがあることから、海外の評価が非常に高く、それに加えて、「走りさえすれば良い」という考えを持つ国もあり、海外では故障車も売れるという事実があります。

 

また、車としては機能していなくても、部品ひとつひとつは再利用が可能というケースもあります。そういった場合は国内でも売れる可能性があります。廃車になってしまった車にも、鉄そのものの価値が残っているため、値段がつくのです。

 

事故車を専門に取り扱う業者がある

海外への販路拡大や、部品ごとに取り扱う販路が増えたことから、時代とともにニーズも変動してきました。結果的に、事故車を専門に取り扱う業者が増え、事故などで故障した車も売ることができるようになりました。

 

事故車専門の買取業者は、使える部品を再利用したり、海外に輸出したり、独自のネットワークを持っているので、廃車同然の車でも買取ってくれます。また、業者によっては修理工場を自社で所有しており、修理した車を海外へ輸出するというケースもあります。

 

車買取専門店で売却するときの注意点

車買取専門店のなかにもさまざまな種類があるので、業者選びは慎重に行いましょう。まず、売却先として考えられる業種を挙げておきます。

 

・新車ディーラー

普段からやり取りのある業者であれば、安心して任せることができます。ただし、事故車買取は専門外のため、査定額は期待できない可能性もあります。

 

・中古車買取店

なじみのある業者であれば、安心して相談することができます。ただし、事故車の取扱いに慣れていない場合は、買取ってもらえないケースもあります。

 

・解体業者

低年式の事故車でも部品ごとに価値を見出し買取ってくれることがあります。ただし、フロント周りなど需要の高いパーツが故障している場合は買取金額が期待できない可能性があります。

 

・事故車専門買取業者

事故車を専門に扱っているため、高額査定が期待できます。ただし、なかには不審な業者も存在するので慎重に見極める必要があります。

 

事故車とは「修復歴」がある車のことで、事故を起こした車ではない

「事故車」というと、多くの人が事故を起こした車だと思うことでしょう。しかし厳密には、事故歴がある車かどうかは関係なく、骨格(フレーム)などの車にとって重要な部分を破損し、修復した経歴がある車のことを意味します。「事故歴」ではなく、「修復歴」がある車のことを指します。この事故車の定義は、自動車公正取引協議会、日本自動車査定協会、日本中古車販売協会連合会で規約が設けられています。

 

事故車扱いになるパーツは8つ

次の8つのパーツを修復した場合は、「事故車」扱いになります。

 

  • ・クロスメンバー(フロント・リヤ)
  • ・サイドメンバー (フロント・リヤ)
  • ・インサイドパネル (フロント)
  • ・ダッシュパネル
  • ・ピラー (フロント・ センター・リヤ)
  • ・ルーフ
  • ・センターフロアパネル フロアサイドメンバー
  • ・リヤフロア (トランクフロア)
  • ・ラジエータコアサポート

 

ただし、ラジエータコアサポートは交換されたものを対象としています。また、修復歴の判断はボディー形状や構造、損傷の程度などによって異なるケースがあります。これらのパーツは車の骨格部分となるため、損傷してしまうと車としての価値が下がってしまいます。

 

修復しても事故車扱いにならないパーツ

フロントバンパー、ロアスカート、フロントフェンダー、ボンネット、リアフェンダー、トランクリッド、リアバンパー、サイドシルパネル、ドアといったパーツを修理した場合は、「事故車」扱いにはなりません。

 

事故によって損傷があっても、これらのパーツは骨格とは関係がないため、修復歴車とはならないからです。

 

「修復歴」がある車は、査定時に申告する義務がある

「事故車でもキレイに修復されているから、申告しなくても大丈夫でしょう。そのほうが高額買取してもらえるはず」とお考えの方は要注意です。その判断は、間違っています。

 

車に限らず物品を売買するときには、売る側に「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」が発生します。売買する物品に欠陥がある場合、それを買う側に伝えなくてはならないというルールです。もし意図的に相手に知らせず契約したら、契約解除または損害賠償を請求される可能性があります。後々のトラブルを避けるためにも、事故車であることを必ず申告して、お互い気持ちよく交渉を進めましょう。

 

買取には自動車税の還付が乗せされるのが一般的

車を売るとき、返ってくる税金が「自動車税」です。自動車税とは、4月1日時点の車の所有者に対して課せられる税金です。1年分を先にまとめて支払うため、売却時には残っている期間分の自動車税が返ってきます。

 

正確には、自動車税の還付を受けられるのは「廃車」した場合のみで、廃車手続きをすれば国から還付されるという仕組みです。事故車を売却した場合、もちろん廃車手続きはしていないため、国からの還付はありません。その国から還付されない分を、買取業者が代わりに査定額に上乗せしてくれるのです。

 

しかし、これは必須のルールではありません。つまり、業者が査定額に必ず含まなければいけないという決まりはないのです。本来なら戻ってくるはずのお金なので、査定に含まれているのかご自身で確認しましょう。

 

その他にも、業者が買取額を上げたと見せかけて、実際は自動車税の還付分を上乗せしただけというケースもあります。ぬか喜びにならないように正しい知識を養いましょう。

 

自動車税の計算方法を知って、交渉をスムーズに

還付される自動車税の計算方法は次の通りです。支払った自動車税額は、売却前に確認しておきましょう。

 

還付金額=1年分の自動車税額÷12ヵ月×名義変更した翌月から翌年3月までの期間

※還付金額は100円未満の端数を切り捨て

 

買取業者を選ぶときは一括査定が便利!

故障車や事故車の売却において、専門業者が高価買取をしてくれることがわかっても、いきなり事故車専門買取業者に頼むのは控えてください。最適な売却先は、損壊箇所と状況によって異なるからです。

 

例えば、事故車専門買取業者の場合、得意としているのは “国内では市場価値が低くなった重要部分を破損している車”です。ということは、軽い故障や破損の場合は、事故車専門買取業者ではない業者のほうが高く買取ってくれる可能性があります。逆もまたしかりで、一般的な中古車買取店では低い査定だったものが、事故車専門買取業者では高い値段で売れるかもしれません。

 

事故車の買取で損をしないためには、まずは一括査定を利用するのが得策です。自分の車の相場を知ることで、より有利な立場で交渉をすることができます。

 

まとめ

「値段がつかない」「廃車するしかない」と思っていた事故車であっても、故障車や事故車を専門に取り扱っている買取業者であれば値段がつく可能性があります。一方で、故障した箇所や状況によっては、中古車買取業者のほうが高値で査定してもらえる場合もあります。

 

事故車の売却で損をしないためにも、まずは相場や目安を知っておきましょう。そのためにまずは、一括査定に出すのが便利です。これまで大切にしてきた愛車だからこそ、売るときにも慎重に取り扱ってあげましょう。

無料査定はこちら CLOSE
どんな状態の事故車でも
買い取り可能です。
無料査定のご依頼は
お電話で。
どんな状態の事故車でも買い取り可能です。
無料査定のご依頼はお電話で。
CLOSE