閉じる

事故車買取コラム

車の修理はどこで頼むべき?業者選びに後悔しないための3つのポイント

車に不具合が見つかった場合、事故やさらなる故障を引き起こさないためにも早急に修理する必要があります。

しかしいざ修理を行おうとした場合、

  • ・「車の修理ってどこに頼めるの?」
  • ・「修理業者はどのようにして選んだらいいんだろう…」

 
上記のように悩む方も多いのではないでしょうか。

ディーラーや整備工場など、修理を依頼できる業者はさまざまなものがあるため、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。

そこで当記事では、修理を依頼できる業者の特徴について解説。

また、修理業者を選ぶ際に注意したいポイントや依頼する際のチェック項目、修理費用の目安などについても紹介します。

当記事を読むことで、スムーズかつお得に車の修理を依頼できるようになります。

後悔しない業者選びを行いたい方は、ぜひお読みください。

車の修理を依頼できる4つの業者

車の修理を依頼できる業者は、主に以下の4つです。

  • ・ディーラー
  • ・整備工場
  • ・カー用品店
  • ・ガソリンスタンド

 
業者選びの際は、自分が優先したい事柄に合った業者を選ぶことが欠かせません。

適当に業者を選んでしまうと、修理費が高くついたり、満足のいく修理を行ってもらえなかったりする可能性があります。

以下からは、それぞれの業者が持つ特徴やメリット、デメリットについて解説。

比較・検討し、自分はどこに依頼するのが合っているのかチェックしてみてください。

ディーラー

ディーラーとは、特定のメーカーと特約店契約を結んでいる店舗のこと。

契約しているメーカーの車を販売したり、修理したりするのが仕事です。

ディーラーのメリットは、安心感の高さ。

ディーラーは自社のメーカーのことを熟知しているため、車に最も適した方法で修理を行ってくれます。

パーツ交換の際は純正パーツを使用してくれるため、パーツの品質についても安心できるでしょう。

安心感を求める方は、まずディーラーに相談してみるのがおすすめです。

ディーラーのデメリットは、費用が高くなりやすい点です。

ディーラーの修理代が高くなりやすい理由は2つ。

1つ目は、仲介手数料がかかるためです。

ディーラーに修理を依頼した場合、下請けの工場に修理作業が外注されることが多く、仲介手数料がプラスされてしまうケースがあります。

もうひとつの理由は、純正パーツを使用するためです。

純正パーツは安心感の高いパーツですが、社外品に比べると費用は高め。

少しでも安いパーツで修理・交換を行ってもらいたい方は、整備工場などを利用するのがおすすめです。

整備工場

整備工場には、認定工場と指定工場の2種類が存在します。

認定工場とは、地方運輸局長が自動車分解整備事業を認可した工場のことです。

対して指定工場とは、認定工場の中でも技術や設備が一定の基準に達している工場のことです。

指定工場の方が認定工場より安心感が高いものの、かかる料金が高くなりやすい傾向にあります。

整備工場のメリットは、ディーラーより費用が安くなりやすい点。

仲介手数料が取られない上、社外パーツも積極的に使用してもらえるため、安く済みやすい傾向にあります。

整備工場のデメリットは、工場に行くまでどのような場所であるかが見極めにくい点です。

整備工場は、ホームページを所有していないケースがほとんど。

したがって事前情報を得ることが難しく、行くまでどのようなお店であるかがわからないことが多いです。

工場によって技術力に大きな差が出るということは、基本的にありません。

しかし技術力以上に心配すべきなのが、スタッフの人柄です。

修理を依頼する場合、できる限り親切なスタッフに依頼したいと多くの人が思うもの。

しかし情報がネット上にない場合、スタッフの人柄についても、来店するまで把握できません。

特に初めて行く整備工場の場合は、他の業者以上にハードルが高く感じることになるでしょう。

カー用品店

続いては、カー用品店です。

オートバックスやイエローハット、ジェームスなどのカー用品店には作業場が併設されており、車の修理を受けることができます。

カー用品店のメリットは、修理費用を安く済ませやすい点です。

ディーラーとは異なり、純正パーツよりも安い社外パーツを利用できるため、比較的安価に修理や交換が行えます。

また、修理を行う際には「どのように修理するか」という選択肢を提示してもらえる場合がほとんど。

経済的負担を抑えたい場合、安く済む選択肢をとることもできます。

カー用品店のデメリットは、整備工場のような本格的なところに比べると対応範囲が狭い点。

大規模な修理が必要な場合、カー用品店では対応できないケースもあります。

ガソリンスタンド

続いては、ガソリンスタンドです。

給油をしてもらう場所のイメージが強いガソリンスタンドですが、一部の店舗は軽度な修理も行っています。

行ってもらえることの例として挙げられるのが、車のバッテリーやバルブの交換。

在庫さえあれば、すぐに交換してもらえますよ。

ガソリンスタンドで修理を依頼するメリットは、ハードルが低いという点。

たとえば整備工場の場合、日常生活であまり行く機会がないという方も多いのではないでしょうか。

そのためいざ車の修理が必要になった時も、ハードルが高く感じたり、なんとなく緊張してしまったりするかもしれません。

対してガソリンスタンドは、車に乗っている方であれば日常的に訪れる場所です。

そのため、比較的気軽に足を運べます。

明確に「修理してもらう」という目的で訪れなくても、給油や洗車をするついでにスタッフに相談することもできますね。

気軽に来店しやすいガソリンスタンドですが、デメリットもあります。

それは、整備工場やディーラーのような本格的な業者に比べると対応できる範囲が狭いという点です。

大きなダメージや専門的な修理には対応していないケースも多くあります。

近所のガソリンスタンドで修理を受け付けているか気になる方や、自分の車の修理箇所がガソリンスタンドで対応可能か知りたい方は、一度スタッフに尋ねてみましょう。

車の修理業者を選ぶ3つの基準

ここまでで、さまざまな修理業者について解説してきました。

修理業者を選ぶ際は、以下のポイントに注目して選択するのがおすすめですよ。

  • ・メーカー保証が使える、安心を重視するならディーラー
  • ・コスパを求めるなら整備工場
  • ・軽度な修理ならカー用品店・ガソリンスタンド

 
ひとつずつ順に解説していきます。

メーカー保証が使える、安心を重視するならディーラー

安心さを重視するのであれば、ディーラーがおすすめです。

ディーラーは自社メーカーの車についての知識が豊富なため、最適な方法で修理を行ってもらえます。

使用するパーツも純正のため、安心感は高めです。

そのほか、メーカー保証が使える点もディーラーならではのメリット。

ディーラーで車を買った方の場合、保証期間の間であれば無料で修理を行ってもらえるケースもあります。

保証期間を利用してお得に修理を行いたい方は、ぜひディーラーに相談してみましょう。

コスパを求めるなら整備工場

できる限り安く済ませたいという方には、整備工場がおすすめです。

前述したように、整備工場はディーラーより費用が安く済みやすい傾向にあるためです。

「整備工場に持っていったらディーラーの見積りより4万円も安かった」というケースもみられました。

整備工場にはディーラーと同程度の技術力を持った整備士が在籍しているため、技術力を心配する必要はありません。

さらに整備を専門としている業者であることから、軽度のものだけでなく重度の故障にも対応できます。

対応できる修理の内容は、工場によっても異なるケースも。

しかし仮にその工場では対応できなかったとしても、別の対応可能な工場を紹介してもらえるケースが多いためご安心ください。

近所のどこに整備工場があるかわからないという方には、グーネットピットでおすすめです。

郵便番号を入力するだけで、近所の整備工場の情報を探せますよ。

軽度な修理ならカー用品店・ガソリンスタンド

必要な修理が比較的軽度な場合は、カー用品店やガソリンスタンドを選択するのがおすすめ。

というのも、整備工場やディーラーより来店のハードルが低く、気軽に訪れやすいためです。

小さなキズの修復や、軽い整備であれば、カー用品店やガソリンスタンドでも十分に対応可能。

ただし専門的な機械を用いないとできないような修理や、高い技術が必要となるような修理の場合、対応してもらえないケースがほとんどです。

自分の車の修理が対応可能か気になる方は、一度店舗で相談してみることをおすすめします。

車の修理を依頼する際のチェック項目

後悔なく車の修理を依頼したい方は、以下のチェック項目をしっかりと頭に入れた上で依頼するのがおすすめです。

  • ・自宅から近いか
  • ・担当者との相性が良いか
  • ・追加料金がかからないか

 
それぞれについて、順に解説します。

自宅から近いか

修理を依頼する業者は、自宅から近い場所にしましょう。

遠い場所を選んでしまうと、オイル交換やタイヤ交換といったメンテナンスに行くのが億劫になり、行かなくなる可能性も。

しっかりとメンテナンスを行っていないと故障しやすくなり、再び修理が必要になる可能性が出てきます。

車に安心して長く乗り続けたい場合、自宅から近い方がベターだと言えるでしょう。

担当者との相性が良いか

「クルマを買うときは、クルマではなく売ってる人を見ろ」という言葉もありますが、これは購入時だけでなく修理時も大切。

担当者の人柄が良いところで修理を受けるようにしましょう。

コミュニケーションが円滑に取れる整備士が相手であれば、ストレスなく安心して修理を任せられますよね。

さらに自分の意図を汲んでくれる相性の良い整備士に依頼することで、車の故障についてしっかりと伝えられ、結果的に的確な修理を行ってもらえる可能性もアップします。

追加料金がかからないか

場合によっては、見積もりをもらった後に追加料金が発生するケースもあるため注意しましょう。

例としては、「見積もりをしてもらった時には見つからなかった不具合が、作業を始めた後に見つかった」というケースが挙げられます。

この場合、あとから修理する箇所が増えたことで、料金がプラスされる可能性があるのです。

見積もりに納得がいったから依頼したにもかかわらず、あとから思わぬ費用がかかった場合、気持ちも沈んでしまいますよね。

見積もりを大きく超える費用となることが無いよう、「追加で修理することにならないか(追加料金がかからないか)」は事前にしっかりと確認しておくことをおすすめします。

車の部位ごとの修理費用の目安

どこで修理を依頼すべきかが分かったところで、以下から車の代表的な部位ごとの修理費用の目安をお伝えします。

修理箇所ごとの修理費用の目安を書いた以下をご参照ください。

タイヤ
費用:
パンク:2,000~5,000円
交換:2,000~8,000円(1本)
※タイヤの購入費用は別途

バッテリー
費用:バッテリー上がり:1万円前後

バンパー
費用:
小さな傷:1万円前後
大きな損傷:5万〜20万円

フレーム
費用:
小さな傷:10万円〜
大きな損傷:100万円〜

ドア
費用:
小さな傷:2万円〜
大きな損傷:10万円〜

マフラー
費用:
小さな傷:1万円前後
大きな損傷:3万円前後

車の修理をされる際は、ぜひ参考にしてみてください。

修理費用が高くなりそうな場合は売却も検討

上記の表からもお分かりいただけるように、車を修理することになった場合、修理する箇所や損傷度合いによっては数十万〜数百万円という大きな費用がかかるケースもあります。

修理費用があまりにも高くなる場合は、修理するよりも車を手放した方が経済的に得できます。

車の売却先としては、ディーラー・中古車買取業者・事故車買取業者の3つがあります。

ただし故障度合いが激しい車は、販路の兼ね合いからディーラー・中古車買取業者では値段をつけてもらうのは難しいです。

そんな時は故障車を高く買い取っている専門業者に売却するのがおすすめです。

当社、事故車買取のタウでは事故車などを専門に買取しています。

独自のノウハウやルートを生かし、故障車や事故車でも高価買取を実現しています。

なかには「中古車買取業者より30万円も高く買取ってもらえた」というお客様の声も。

全国47都道府県で無料の出張査定が可能なので、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

どんな状態の事故車でも買い取り可能です。
無料査定のご依頼はお電話で。
CLOSE