閉じる

事故車買取コラム

事故車は修理か廃車して乗り換え?実は事故車も高く売れる

この記事では、事故車の「修理歴」と「修復歴」との違いや、高く売る方法などについてご紹介します。

 

交通事故に遭ったとき、車の損傷状態によっては「修理か廃車」という選択肢が一番に思い浮かぶのではないでしょうか? また、修理ができないほど損傷が激しい場合は、廃車して乗り換えるのが一般的でしょう。しかし、そんな事故車であっても、高く売却する方法があるのをご存じですか?

 

事故車は修理or廃車して乗り換えしかない?

事故に遭ったら、「修理」か「廃車して乗り換える」のが一般的です。

 

「多少の損傷であれば修理して乗り続けたい」

「事故車は縁起が悪いので乗り換えたい」

「思い入れのある車だからいくら修理費用がかかっても乗り続けたい」

 

など、あらゆるケースが考えられます。

 

事故車の対処方法は、損傷状態で大きく異なります。当然ですが、激しく損傷していると修理代金も高くつきます。また車の重要な部分に損傷を受けると、修理してもその後どのような不具合を起こすかわかりません。こういった場合は、乗り換えるのが妥当でしょう。

 

多少の損傷であれば、「修理して乗り続けるか・乗り換えるか」は個々の判断になります。車両保険に加入している場合は、どこまで修理代金がまかなえるかも判断材料のひとつでしょう。

 

しかし、「修理」or「廃車して乗り換え」の他に、“売却”という手段があります。「事故車なんて売っても大した金額にならないのでは?」と思われがちですが、事故車でもしっかりと査定を行い、買取ってくれる業者があります。

 

また、一般的な中古車買取業者でも、損傷状態によっては高価買取に期待が持てます。

 

事故車を売却する際に注目したいのは、事故による損傷の度合いです。具体的に言うと、「修理歴」か「修復歴」になるかどうかで、査定額が大きく異なってきます。

 

事故車の「修理歴」と「修復歴」の違い

「修理歴」と「修復歴」の明確な差はどこにあるのでしょうか。よくある間違いは、「事故車」の定義です。厳密に言うと、「事故車=事故を起こした車」とは限りません。正しくは「事故車=修復歴のある車」です。

 

確かに車へ大きな損傷があった場合、事故が原因のことがほとんどのため、大きなくくりでいえば間違いではありません。しかし、事故に遭った車の売却を考える際は、この事故車の正しい定義をしっかり理解する必要があります。

 

日本自動車査定協会では、修復歴車を「車の骨格(フレーム)が損傷し交換、あるいは修復した車」と定めています。

 

この「車の骨格」にあたる部分は以下のようなものです。

 

・フレーム(サイドメンバー)

・クロスメンバー

・インサイドパネル

・ピラー

・ダッシュパネル

・ルーフパネル

・フロア

・トランクフロア

・ラジエーターコアサポート

 

これらの部位を修理または交換しても、完全には元通りになりません。そのため、修理して乗り続けているうちに少しずつ歪みが生じたり、故障をくり返したりすることも。つまり修理後さまざまなトラブルを招く恐れがあるのです。

 

たとえ高い費用をかけて見た目はキレイに修理しても、「修復歴車」として履歴が残ります。そのため売却を検討したときも、“一般的な中古車よりも故障のリスクが高い車”として、通常の査定額を大幅に下回ってしまいます。

 

事故に遭っていなくも「修復歴車」になる得る

先述した骨格部分の損傷は、交通事故で引き起こされるケースが多いです。「事故車」や「事故歴」と呼ばれていることが多いのはこのためです。

 

一方、たとえ事故を起こしていなくても「修復歴」が残ることも。例えば、雪の重みや落石で車の屋根がつぶれてしまい、修理・交換を行った場合などが想定されます。

 

車の骨格部分以外の修理は「修理歴」

「修理歴」とは、先述した車の骨格部分以外を修理した際に残る履歴です。

 

例えばバンパーやドアの凹み、サイドミラーの破損を修理したときは、「修理歴」となります。ドアは丸ごと取り外しができる部位で、もし交換が必要となっても骨格への影響はありません。

 

つまり、「交通事故に遭った車」でも、骨格以外の部分を損傷し修理・交換をした車であれば、「事故車(修復歴車)」ではなく「修理歴車」なのです。

 

この修理歴は、キレイに修理されていれば査定に大きな影響を与えることはありません。損傷したまま売却する場合は、一般的な査定額から修理費用を値引かれた金額が目安となります。

 

ただし、修理した箇所とボディとの色が違ったり、純正品ではない部品を使って修理を行ったりすると、査定に影響を与えてしまうことがあります。

 

実は事故車も「高く売れる」

事故車を高く売るには業者選びが大切です。多少の損傷であれば中古車買取業者やディーラーでも買取ってくれるでしょう。しかし損傷箇所が多いものや修復歴車となる状態では、買取拒否や廃車とされるケースがあります。

 

中古車買取業者やディーラーは車の修理・整備などを行い、次のオーナーへ販売するのを目的としています。ですから、そもそも市場価値が低いとされる車は、積極的に買取らないのが現状です。

 

一方、事故車や故障車などを専門に買取る業者が存在します。業者によって買取後の処分方法は異なりますが、使える部品や鉄くずとして再利用したり、海外への販売ルートを持っていたりするため、激しい損傷がある車でも買取可能です。つまり、一般的な中古車買取業者とは買取目的が異なるため、価値が低いとされる車でも買取が行えるのです。

 

タウが持つ“独自の流通ネットワーク”

事故車買取を専門に行うタウは、世界120ヵ国以上の流通ネットワークを駆使し、中古車の再利用に力を入れています。海外で日本車は非常に人気が高く、損傷のある事故車でもニーズがあります。

 

タウでは買取った事故車を国内では修理しません。そのまま輸出するため、車は現地の人々の手によって修理・再利用されることになります。

 

日本では厳しい車検制度や道路交通法などがあります。しかし世界中を見ると、あまり厳しい法律がない国も。なかには「走れるならば問題ない」という国もあり、日本では価値が低い事故車でも、海外では需要が高いのです。

 

その他、事故車ではなく台風による大雨や洪水で車が水没してしまうことがあります。近年はゲリラ豪雨などが発生することも多く、水没車の処分に困る方も増えています。

 

水没車はカビや異臭、サビ、エンジンや電気系統のトラブルなどから、日本では懸念されがち。しかし海外ではとくに問題視されません。タウではこうした日本と海外での考え方の違いに着目し、どのような状態の車でも高価買取を行っています。

 

事故車はそのまま売却するのが賢い選択です

「事故車を少しでも高く売りたい」という理由から、修理をしてから査定に出そうとする方がいます。しかし実際は、そのまま売却したほうがお得になることが多いのです。

 

例えば、修理代金の見積もりが20万円の場合。修理をしてから査定に出しても、修理によってアップした査定額が修理代金の20万円を超えることはほぼありません。

 

また、事故車を放置することもおすすめできません。事故によって塗装が剥げていると、サビが発生してしまう恐れがあり、査定額に影響が出ます。もし事故に遭った場合は、早めに修理や売却の相談をしましょう。

 

忘れがちな査定アップのポイント

事故車を少しでも高く売りたい場合は、修理よりもやることがあります。それは車内の清掃をしたり、今までのメンテナンス状況を把握できるよう準備したりすること。メーカーの保証書や定期点検記録簿、取り外した純正品があれば用意しておくなど、ちょっとしたことが査定アップにつながります。

 

車の査定額は常に変動しており、売却まで時間がかかってしまうと買取金額も下がることも。車の名義人、売却に必要な書類を事前に確認して早めに用意すると、スムーズな売却につながります。高く売れるタイミングを逃さないような準備が大切でしょう。

 

3月よりついに開始!タウの「オンライン事故車査定システム」

2020年3月、タウは「オンライン事故車査定システム」(旧事故車売却シミュレーター)をリリースしました。「事故車を少しでも早く売って乗り換えたい」、「何社も査定に立ち会うのは大変」という方のために、独自に開発したシステムです。

 

「オンライン事故車査定システム」で提示されるのは、おおよその査定額ではなく、“実際の買取金額”です。ですから提示金額に納得いただけた場合はそのまま契約へ進めることが可能。使い方はカンタンで、Web上で以下に示した車の情報を入力するだけ。約60秒で事故車の買取額がわかります。

 

入力する車情報

メーカー・車種・型式・グレード・年式・走行距離・色・損傷情報の入力

 

損傷情報の入力は、「損傷あり」を選択すると写真付きの解説が表示されます。「損傷小」「損傷中」「損傷大」で分かれており、自身の車や修理見積もりと照らし合わせながら選択できます。

 

車の情報を入力したら、査定金額を確認します。この段階で金額に同意できたら、お客様情報、車検証や車の写真を添付して送信すれば申し込み完了です。

(※一部流通が少ない車種の場合は、お申込みフォームhttps://www.tau-reuse.com/よりお問合せください)

 

また、「オンライン上でのやり取りだけでは不安」という方には、全国無料出張査定を行っています。タウは全国22拠点あるため、お住まいの地域まで査定に伺います。その他、「24時間ご売却相談ダイヤル」も設置。事故車の対処方法や売却のご相談などございましたら、ぜひ一度お問い合わせください。

無料査定はこちら CLOSE
どんな状態の事故車でも
買い取り可能です。
無料査定のご依頼は
お電話で。
どんな状態の事故車でも買い取り可能です。
無料査定のご依頼はお電話で。
CLOSE