閉じる

事故車買取コラム

交通事故に遭ってしまった!加害者へ修理代はいくら請求できる?

車同士の交通事故で被害者になった場合、ケガの補償はもちろん車の修理代など、どこまで加害者に請求できるのかわからない方も多いと思います。

 

もし修理代を受け取っても、事故を起こした車に乗り続けたくない方もいるでしょう。事故車を処分して、買い替えのための頭金として利用するのは問題ないのでしょうか?

 

この記事では、交通事故で全損扱いとされて修理代を受け取れないケース、修理代金を受け取ったら修理しなければいけないのかなど、事故に遭った際に受け取れる修理代について解説します。

 

交通事故被害者に!修理代は請求できる?

結論から言いますと、車同士の交通事故で被害者になった場合、損害賠償として車の修理代を加害者から受け取れます。

 

基本的には被害者が修理工場で見積もりを出してもらってから、加害者側の保険会社と交渉になります。一般的に修理代の相場は10~50万円程度。それ以上の損傷があると「全損扱い」となる可能性があります。

 

ただし、注意したいのは交通事故の状況に応じて割り当てられる過失割合です。たとえ被害者でも何かしらの過失があると判断されます。例えば過失割合が8:2で、修理代が50万円となった場合でも修理代は8割の40万円しか受け取れず、残りの10万円は被害者の負担となります。

 

もちろん、加害者に100%過失がある「もらい事故」のケースもあります。「赤信号で停車中に後方から突っ込まれてしまった」「駐車場に停めてあった車にぶつけられた」という場合では、加害者が修理代を100%負担することもあります。

 

この過失割合は、保険会社同士の話し合いで決まります。納得いかない場合、株式会社判例タイムズ社が発行している「判例タイムズ」で、基本的な過失割合を調べられます。

 

その他、ドライブレコーダーが有効になるケースも。相手が信号無視で侵入してきたにも関わらず「青信号だった」と言い張ってきた場合、ドライブレコーダーの映像が証拠になります。悪質なあおり運転にも有効ですので、この機会にドライブレコーダー導入も検討しましょう。

 

あおり運転の被害に遭った場合の対処やあおり運転に遭わないための対策については、以下の記事をご覧ください。

 

あおり運転の被害に遭った!事故車を高く売る方法

https://www.tau-reuse.com/contents/media/1582/

 

「全損」の場合は修理代をもらえない!?

交通事故で大きな損傷を受けた車が「全損」と判断された場合、車の修理代は受け取れません。全損には2種類ありますので、それぞれの内容を確認しましょう。

 

・物理的な全損:車が修理できないほど、物理的に破損している

・経済的な全損:修理できる範囲の損傷ではあるが、車の時価より修理代のほうが高くなってしまう。この場合、修理代金を全額支払うと不合理となるため、修理代金は支払ってもらえない。

 

このような全損扱いとなった場合、修理代金ではなく「買換費用」が支払われます。買換費用とは、中古車買取の相場などを目安に車の時価相当の賠償金を支払うこと。また車を処分する際は自身で行いますので、事故車の買取を得意とする事故車買取専門業者に依頼できます。事故車の買取金額と買換費用で支払われた賠償金を、新しい車の購入資金に充てられます。

 

もし、加害者が任意保険に加入しておらず賠償金や修理代が受け取れない場合、自身の車両保険を利用しなければならないケースもあります。修理を検討しているのに全損扱いとなった場合は、保険会社が車両を引き取ってしまいます。どうしても修理して乗り続けたい場合、保険会社によく相談しましょう。

 

覚えておきたい「対物超過補償特約」

上記で全損について解説しましたが、「あまり損傷がなく気に入っている車なので修理して乗り続けたい」という方もいるでしょう。

 

その際知っておきたいのが、「対物超過補償特約」です。基本的に車の修理代は対物賠償保険で支払われますが、もし事故による修理代が時価額を超えてしまう場合、超えた修理費は保険では補えません。

 

しかし対物賠償保険とセットでつけられる対物超過補償特約では、時価額を超える修理費も支払ってもらえます。時価額との差額については50万円が限度。もし加害者が対物超過補償特約に加入していれば、修理代として受け取れる可能性があります。

 

どうしても乗り換えたくない場合は、事故を起こした相手側が対物超過補償特約に加入しているかを確認しましょう。

 

修理代金を受け取ったら修理しなければいけない?

修理代金を受け取ったからといって、必ず修理しなければいけないわけではありません。例えば「交通事故に遭った車は今後どのような故障が起こるかわからない」「気分的に乗り続けるのは避けたい」などの理由で乗り換えたい方もいますよね。

 

そういった場合、修理せず乗り換えることは可能です。たとえ名目が「修理代」となっていても、その後の使い道は自由です。

 

ただ注意したいのが、修理をしてから売却すること。「損傷したままでは買取って貰えないし、査定額が大きく下がってしまうのでは?」と考え、修理してから売却を検討する方もいるでしょう。しかし実際には、修理にかかった費用が修理後にアップした査定額を上回ることはありません。

 

事故などで損傷した状態の車でも売却することは可能です。乗り換えを検討している方は、中古車買取業者や事故車買取専門業者に相談してみましょう。

 

その他、車の骨格(フレーム)部分が損傷し修理を行った場合は「修復歴車」扱いになります。見た目はきれいに修理されていても、修復歴車はどのような不具合を起こすかわかりません。そのため修理済みでも査定額が大きく下がってしまうのです。修理に出すのか乗り換えるのかは、しっかりと検討しましょう。

 

事故車の処分に困ったらタウにご相談ください!

事故被害者になってしまった場合に受け取れる修理代や賠償金について解説しました。事前に受け取れる補償や賠償金を把握しておけば、いざ被害者となってしまったときも落ち着いて対応できるでしょう。

 

しかし車を運転する以上、自身が加害者になる可能性も否めません。自分が現在加入している任意保険、車両保険での補償範囲を、この機会にきちんと把握しておきましょう。

 

事故に遭い損傷した車は、「買取って貰えない」と思われがちです。しかし事故車買取専門業者のタウなら、高価買取も可能。売却時の手続き方法や還付金等も詳しくご説明いたしますので、ぜひ一度お問い合わせください。

 

「事故に遭ってしまったので乗り換えたいが、中古車買取業者に査定を出したら二束三文だった」

「事故車でもできるだけ高く売って新しい車の購入資金にしたい」

 

こうお考えの方は、ぜひタウにお任せください。

 

タウでは「オンライン事故車査定システム」(旧事故車売却シミュレーター)を導入しています。「仕事の都合でできるだけ早く車を乗り変えたい」「でも査定に立ち会う時間がなかなか取れない」といった方に、とても便利なシステムです。

 

オンライン事故車査定システムを利用すれば、基本的にオンライン上のみで取引が行えます。車のメーカー、車種、型式、走行距離、グレードを入力するだけで買取金額の算出が可能。金額に同意していただけた場合は、必要な追加情報を送るだけで契約を進められます。

 

「オンライン事故車査定システム」を試してみる→

https://www.tau-reuse.com/assessment/

 

さらに、タウでは無料の出張査定を全国で行っております。フリーダイヤルで24時間受け付けますので、お気軽にご相談ください。

無料査定はこちら CLOSE
どんな状態の事故車でも
買い取り可能です。
無料査定のご依頼は
お電話で。
どんな状態の事故車でも買い取り可能です。
無料査定のご依頼はお電話で。
CLOSE