閉じる

事故車買取コラム

車売却や買い替え時の基礎知識!下取り・買取の違いなどを解説

車の乗り換え方法には、「買取に出す」「下取りに出す」「個人間で売買する」の3つがあります。少しでも高く売却したいところですが、知識が不足していると実際の価値よりも安く売ってしまうことも。そのため、基礎知識を身につけておくことが大切です。この記事では、車の下取りや買取の違いを含め、買い替えるときのポイントを詳しくご紹介します。

 

車の買い替えで知っておきたいポイントとは?

車の買い替えで知っておきたいのは、次のポイントです。

【ポイント1】
売却や乗り替えを検討する場合は、できるだけ早く動く必要があります。車の買取相場は日々変動するため、少し時間が経つだけで数万~数十万円も安くなる可能性があるからです。また、買取額は年式や走行距離などで変わるため、買い替える予定でいるものの先延ばしになることで、査定額が大きく下がります。

 

車の買い替えの際には、売却先の選定や見積もりなど複数のステップを踏む必要があり、想像以上に時間がかかるので、早めに動きましょう。

【ポイント2】
基本的な売却の流れを知っておき、スムーズに買い替えましょう。売却の流れは次のとおりです。

 

●買取金額の相場を調べる

売却したい車の買取金額の相場を調べることで、実際の価値よりも安く売却してしまう事態を防げます。口コミサイトには、どんな車をいくらで売却したかが掲載されています。できるだけ自分の車に近いパターンを見つけ、複数ピックアップしましょう。その平均値が相場といえます。ただし、相場は日々変動するため、過去のデータの場合はそこまで参考にはなりません。

 

●査定を依頼する業者を決める

信頼できる買取業者を選びましょう。実績が開示されたホームページを持つ業者は、ある程度信頼できます。電話対応やメール対応が悪い業者は避けましょう。

 

●査定を依頼する

基本的には、複数の業者に査定を依頼することをおすすめします。それによって、本当の相場が見えてきます。例えば、A社50万円・B社70万円・C社60万円の場合は、大体60万円程度が相場です。相場からかけ離れた金額を提示する業者は、避けましょう。また、強引な勧誘や契約を急かす業者にも要注意です。

 

●必要書類や売却手続きの準備

車検証や自賠責保険証明書・納税証明書・印鑑などを用意して、売却先で手続きします。万が一、紛失した場合は早めに再発行しましょう。

 

●車の引き渡し

車を売却先へ引き渡します。事故車の場合はレッカー移動が必要です。取引が成立すれば、レッカー移動は無料となるケースがほとんどです。引き渡し方法は業者と話し合って決めましょう。

 

●入金を確認

銀行振込や手渡しなどの方法で買取代金を受け取れば、売却は完了です。

【ポイント3】

買取業者によって、得手不得手があります。例えば、軽自動車やコンパクトカー、4WD、ワゴンを得意とする場合、相場よりも高く買取する業者も存在します。少しでも高く売却したい場合、オールマイティに買取する業者と、売却を検討している車種を得意とする業者それぞれに査定を依頼してみましょう。

 

買取と下取りの違い

買取と下取りは、どちらも車を売却する点では同じですが、次のような違いがあります。

 

●買取

中古車買取業者に売却して現金を得る方法です。次のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

人気車種は高価買取が期待できます。また、社外パーツやオプションはプラス査定になる場合があります。また、複数の業者に査定を依頼して、一番高く買取ってくれる業者に売却できます。

デメリット

相場価格は日々変動するため、タイミングによっては買取額が安くなります。また、古い車種や走行距離が長い車は買取を拒否されるケースも。さらに、売却先と新たな車の購入先が異なるため、手続きに手間がかかります。

 

●下取り

ディーラー(車の販売業者)に売却し、購入する新車の代金から下取り額を差し引くため、手元に現金は残りません。下取りのメリットとデメリットは次のとおりです。

メリット

売却と購入の手続きが1回で済むため、手間を減らせます。基本的には一定額で下取りするため、通常よりも高くなるケースと安くなるケースがあります。高くなるケースでは、下取りのメリットは大きくなるでしょう。また、下取りが決まっても新しい車が届くまでそのまま乗り続けることができます。売却と購入で間が空いてしまうと困る場合に助かります。

デメリット

基本的に、高価買取は期待できません。また、下取り額と値引き額が混合するため、結局は下取り額がいくらだったのかわかりづらくなることも。また、オプションや社外パーツは査定に含まれないため、実際の価値よりも安く売却することになる場合があります。

 

下取りと買取どっちがお得なのか?

少しでも高く売却したい場合は買取を選んだ方がいいと思いがちですが、必ずしもそうではありません。基本的には買取がお得になるケースが多いものの、不人気の車種や年式が古い車は買取額がつかない場合があります。この場合は、下取りの方がお得です。

 

事故車や水没車の場合、買取や下取りでは思っていた値がつかないことも。そういったケースでは、事故車買取専門店へ査定に出す方法があります。

 

事故車買取専門店とは?

事故車買取専門業者は、事故車や水没車など中古車買取業者やディーラーでは、十分な取引が期待できない車も買取ってくれる業者です。例えば、事故によって損傷が激しい車、台風やゲリラ豪雨で冠水した水没車、経年劣化で動かなくなった車、不人気車なども売却できる可能性があります。

 

事故車買取専門店のなかでも、タウがおすすめです。事故車買取専門店のタウは、3年連続業界No.1の実績を獲得しています。無料主張査定や無料レッカー移動などのサービスが充実しています。

 

高額買取が可能な理由は、世界中の販売ネットワークを駆使して、需要がある国へ販売できるためです。また、使えるパーツを売却することでも利益を得ています。国内では需要がない車でもタウなら高額買取でき、大切な車がムダになりません。

 

相場を調べるには一括査定が便利

中古車買取業者や事故車買取専門業者などに一括査定を依頼すれば、買取相場がわかります。一括査定はあくまでも目安ですが、大体の相場がわかるため売却先を選びやすくなるでしょう。

 

査定に出す業者を決めたら、早めに査定に出しましょう。その際には、できるだけ車内を清掃することがポイント。ただし、修理が必要な箇所に関しては、修理せずに査定に出しましょう。「修理したほうが査定額がアップするのでは?」と思われがちですが、実際は損するケースがほとんどです。修理にかかった費用が、修理したことでアップした査定額を上回ることは基本的にありません。

 

事故車買取専門のタウでは、無料査定を行っています。24時間受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

まとめ

車を買い替える際には、自分の車を高く買取ってくれる業者選びが大切ですが、信頼できる業者を選ぶこともポイントです。売却の流れ、必要書類、手数料、レッカー代などしっかりと説明を行ってくれる業者を選ぶことで、トラブルを避けることができます。

 

タウでは、無料査定フォームに加え、24時間ご売却ダイヤルを設けています。売却のご相談、お困りのことがあればお気軽にご相談ください。

 

「おおまかに水没車の査定相場を知りたい」という方には、国内初となるタウ唯一の売却シミュレーターをご利用ください。車両情報を入力いただくだけで簡易的に査定額をスピーディーにご提示します。

さっそくシミュレーターを試してみる→https://www.tau-reuse.com/assessment/suigai/

 

当社の驚きの買取額を、多くのニュース番組で取り上げていただきました。

・ガイアの夜明け(テレビ東京)

・ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)

・Nスタ(TBS)

・News23(TBS)

・Live News it!(フジテレビ)

・グッド!モーニング(テレビ朝日)

・やさしいニュース(テレビ大阪)

 

廃車にするしかないと思われる事故車や水没車、故障車、不動車など一般的な中古車買取業者では買い取れないような車のご相談も可能です。ぜひ、お気軽にタウへご相談ください。

無料査定はこちら CLOSE
どんな状態の事故車でも
買い取り可能です。
無料査定のご依頼は
お電話で。
どんな状態の事故車でも買い取り可能です。
無料査定のご依頼はお電話で。
CLOSE