閉じる

事故車買取コラム

故障車に車両保険は適用されない?故障時にも使える保険とは?

この記事では、車の故障時に保険が適用されるのかについてご紹介します。

 

自動車保険といえば、交通事故を起こした際の心強い存在です。加入が必須の自賠責自動車保険や、自分のスタイルに合わせて補償内容を決められる任意自動車保険があり、万が一のときに役立ちます。

 

しかし、車は普通に乗っていても故障してしまうことがあります。修理をしたいけれど修理費用が高額となるとき、保険は適用されるのでしょうか。

 

任意自動車保険の車両保険とは

「任意自動車保険」は自分に必要な補償を設定できる保険。車に対しても補償が欲しい場合は「車両保険」が必要となります。車両保険には「一般型」と「限定型(エコノミー型)」があり、それぞれ補償範囲が異なります。(※保険会社によって名称が異なります)

 

一般型

交通事故や自損事故、盗難、当て逃げ、飛び石、いたずら書き、自転車との接触など、幅広く補償してくれます。その他、台風や洪水、竜巻、高潮といった自然災害による損傷も補償範囲内です。

 

特徴としては、電柱やガードレールなどにぶつけてしまったなど、事故相手がいない自損事故も補償してもらえる点があります。保険料は高くなりますが、毎日車に乗る方や運転に自信がない方は、一般型の加入が推奨されています。

 

限定型(エコノミー型)

一般型よりも保険料は安く、自損事故や相手が不明の当て逃げ、自転車との接触などは補償されません。障害物を避けようとしてぶつけてしまった場合や、自身に過失のない当て逃げの場合も補償されないため注意しましょう。

 

そのため、限定型(エコノミー型)は保険料を抑えたい方や、車は週末に近所へ買い物に行く程度しか使わないといった方におすすめのタイプです。

 

一般型もエコノミー型も、地震、噴火、それに基づく津波による損害は補償されません。保険会社によっては地震特約などを用意していますので、補償内容や保険料などをチェックしてみましょう。

 

保険を使う場合の注意点

事故などで保険を使用すれば、等級ダウンしていまい翌年の保険料は高くなります。交通事故や自損事故などで車両保険を使用する場合は「3等級ダウン+事故あり係数適用期間3年」、盗難や自然災害による損害で保険を利用した場合は「1等級ダウン+事故あり係数適用期間1年」となります。

 

「事故あり係数適用期間」は保険料の割引率に影響を与え、「無事故」より割引率が低くなります。そのため同じ17等級でも、「事故あり」と「無事故」では保険料に差が生じます。

 

車両保険を利用するかどうかは、翌年以降の保険料も考慮して決めましょう。

 

故障した車は車両保険が適用される?

車の故障時に、車両保険は適用されるのでしょうか?

 

結論からお伝えすると、事故に関係のない故障では保険は適用されません。自動車保険は基本的に、“不慮の事故に対する補償”が前提となっています。

 

ただし、自然災害による損害は補償範囲内です。例えば落雷によって電気系統が故障した場合は、車両保険が適用されます。その他、事故やいたずらによる故障も補償範囲です。

 

また、故障時に車両保険は適用されませんが、走行中にトラブルが起きた場合は保険会社のロードサービスが利用できます。「外出先で車が動かなくなってしまった」などのトラブルが発生した際は保険会社に相談しましょう。

 

ロードサービス内容は保険会社によって異なります。ただし、自宅の駐車場でエンジンがかからない、故障で動かせないという場合は、基本的にロードサービスは利用できません。

 

故障時に使える保険はないの?

では事故と関係のない故障時に使える保険はないのでしょうか。損保ジャパン日本興亜では2019年に「故障運搬時車両損害特約」を導入しています。何らかの理由でオーバーヒートを起こし、エンジンが故障した場合などに利用できる保険です。

 

特約内容は以下のように記載されています。

ご契約の自動車が故障により走行不能となり、レッカーけん引された場合に、ご契約の自動車の故障損害に対して、協定保険価額または100万円のいずれか低い額を限度に保険金をお支払いする特約です。ただし、ご契約の自動車をレッカーけん引することについて、損保ジャパンへ事前連絡した場合に限ります。

(引用:補償内容:主な特約一覧 |【公式】損保ジャパンhttps://www.sompo-japan.co.jp/hinsurance/risk/compcar/sgp/sche/sp/ より)

もしエンジンが故障した場合、修理や交換には数十万円~100万円程度かかることがあります。加入や補償条件などはありますが、特約を付けておくことで故障時も保険会社へ相談できます。万が一に備え、一度保険内容を見直してみると良いでしょう。

 

故障時は売却も検討しましょう

数万円程度で直る車の故障であれば、修理して乗り続けられるでしょう。しかし修理費用が高額の場合や何度も繰り返し故障する場合は、売却の検討をおすすめします。

 

車は多くの部品でできており、年数や走行距離が長くなると故障しやすくなります。もちろん愛着のある車は修理して乗り続けたいところですが、出費がかさむとどうしても負担になります。

 

車の故障といっても内容はさまざまで、エンジン、ブレーキ、ドアの開閉、エアコン、マフラーなど、どこが故障するかわかりません。また、走行中に故障が起きてしまうと大きな事故につながる危険性も……。

 

そのため、故障してしまった車は、修理代金の見積もりと合わせて買取業者へ査定に出すことをおすすめします。「故障車なんて買取ってもらえるの?」と思われがちですが、実は高く買取している業者もあります。

 

専門買取業者なら故障車も高価買取できる

一般的な中古車買取業者やディーラーは、修理や整備を行ったあと、その車を販売するために買取を行います。そのため、故障車や事故車、年式が古い、走行距離が長い車は価値が低い(買い手が少ない)と判断され、買取金額も安くなります。

 

しかし、故障車や不動車(動かなくなった車)、事故車などを専門に買取している業者であれば、高価買取に期待が持てます。

 

海外では日本車が非常に人気なのはご存じでしょうか? テレビなどでホンダや日産などの車が、海外で走っているのを見かけたことがあるかと思います。

 

海外では日本から輸出された中古車が修理・再活用されています。日本は厳しい車検制度や法律があるため、定められた基準をクリアしなければ公道を走行することはできません。しかし、国によっては厳しい制度がないため、寄せ集めの部品で車を修理して再活用することも可能なのです。

 

そのため、海外への流通ネットワークを持つ業者の場合、故障車や事故車などを積極的に買取し、海外へ輸出しています。

 

そろそろ乗り換えが必要と感じたら

タウは、事故車や故障車などを専門に買取る業者です。アジアや中南米など、世界120ヵ国以上への販売ネットワークを独自に持ち、故障車や事故車の高価買取を実現。全国22拠点あるため、お住まいの地域や車を保管してあるところまで、無料出張査定を行います。

 

その際、レッカー代や名義変更などの手数料も無料。もし、ローンが残っている場合は、ローン組替サービスもご用意しています。ローン残債がある車も売却できるのかご不安な方は、ぜひタウまで一度ご相談ください。

 

2020年3月、タウでは新たに「オンライン事故車査定システム」(旧事故車売却シミュレーター)をリリース。「すぐに買取金額を知りたい」、「査定に立ち会うのはめんどう」、「すぐに売却して新しい車に乗り換えたい」というニーズにお応えして、独自に開発したシステムです。

 

メーカー、車種、型式、グレード、年式、走行距離、色、損傷情報といった項目を入力するだけで実際の買取金額を算出し、金額に同意いただけた場合はそのまま売却手続きを進められます。

 

オンライン事故車査定システムを利用してみる→https://www.tau-reuse.com/assessment/

 

故障車のお悩みはタウにお任せ

事故に関係のない車の故障に車両保険は適用されません。どうしても故障時の補償が欲しい場合は、損保ジャパン日本興亜の「故障運搬時車両損害特約」を検討してみましょう。

 

しかし、修理代金が高額、故障をくり返すといった場合は、経済的に大きな負担となってしまいます。車が故障してしまった場合は、売却して乗り換えも視野に入れることをおすすめします。

 

「売れるのかわからない」、「どの程度の金額で買取ってもらえるのか不安」など、事故車や故障車のことでお悩みの方は、ぜひ一度タウにご相談ください。

無料査定はこちら CLOSE
どんな状態の事故車でも
買い取り可能です。
無料査定のご依頼は
お電話で。
どんな状態の事故車でも買い取り可能です。
無料査定のご依頼はお電話で。
CLOSE