閉じる

事故車買取コラム

走行距離は相場に影響する?過走行車や事故車をお得に売却する方法

車の売却に影響する項目のひとつに「走行距離」があります。走行距離が多すぎる車は「過走行車」として扱われ、壊れやすいイメージがあることから日本国内では敬遠される傾向にあります。

 

それでは、具体的にどのように査定額に影響するのか、また走行距離が多い車をお得に売却する方法についてご紹介します。過走行車の処分に困っている方はぜひチェックしてください。

 

車売却時に走行距離はどれぐらい影響するのか

中古車の査定において、車の状態と同じくらい重要なのが「走行距離」です。走行距離は、「〇〇km」わかりやすい指標があるため、自分で確認しやすい項目です。

 

具体的に、普通自動車の場合は年間1万km、軽自動車の場合は年間8,000kmが基準です。中古車を購入するときは、トータルの走行距離で判断されがちですが、買取においては初度登録年月から計算した年間の距離によって過走行かどうか判断されるのが一般的です。

 

過走行車の査定額への影響

どんなに丁寧にメンテナンスをしていても、過走行の車に乗り続けているとさまざまな不具合が発生する恐れがあります。とくに日本は過走行車があまり好まれないため、売却時の査定に多少の影響が考えられます。その基準は「10万km」といわれています。もちろん10万km走ったから壊れるわけではありませんが、不具合が起こりやすくなる目安となります。

 

一方で、最近の車は以前よりエンジンなどの性能がアップしており、10万km走ったからといって必ずしも買取ってもらえないことはありません。普段から定期的なメンテナンスを行って良い状態が保たれていれば、劣化を防ぐこともできます。少しでも高額で買取ってもらえるよう、エンジンオイルや冷却水、消耗品は定期的にメンテナンス・交換を行いましょう。

 

低年式低走行車や過少走行車も影響

過走行車だけでなく、年式が古く走行距離が少ない低年式低走行車も査定額へ影響します。以下のような理由が考えられるからです。

 

・部品の経年劣化が進んでいる

・短距離走行の繰り返しでエンジンが消耗している

 

走行距離が短いから良いわけではなく、車を定期的に動かし、きちんとメンテナンスされている状態がベストだということを覚えておきましょう。

 

乗り換えのタイミング

査定額に影響が出る走行距離の目安は、5万kmと10万kmです。5万kmは車種や車の状態によってはそれほど大きく影響することはありませんが、乗り換えの目安として考えておきましょう。10万kmを超えた車は、査定額に大きく影響することがあります。前述のとおり、この10万kmを目安に、車の故障が起きやすくなるためです。

 

車の売却先は主に3つ

車の乗り換えを検討する場合、古い車の売却先は主に3つに分類されます。その種類と特徴をあわせて解説します。

 

新車販売を本業にしている「ディーラー」

古い車を処分して新車への乗り換えを検討しているのであれば、ディーラーで車の処分も一緒にお願いすることができます。

ディーラーの場合、車を買い取るのではなく、下取りの形で新車価格の値引きを行います。ただし、ディーラーは新車販売が本業であるため、過走行車など市場価値が低い車の買取が得意ではありません。その結果、ほとんど下取り価格がつかなかったり、そもそも下取りしてもらえなかったりするケースも考えられます。

 

中古車販売を本業にしている「中古車販売店」

乗り換える車を新車に限定していない場合、中古車販売店を利用する方法もあります。ディーラーと同じく中古車販売店の場合も、古い車を買い取るのではなく下取りによって購入価格から値引きするケースが多いです。買取が専門ではないため、過走行車の下取り価格はそれほど期待できないでしょう。

 

中古車買取を本業にしている「中古車買取店」

中古車の買取を専門に行っている中古車買取店は、買取が本業のため、ディーラーや中古車販売店に比べて、高額査定を望めます。また、受け取ったお金の用途は下取りのように限定されないため、査定額によって新車か、中古車を購入するのかを選択できます。

中古車買取店にもさまざまな業者があるため、複数社から見積もりを取ることをおすすめします。

 

買取と下取りは全く異なり、基本的には下取りより買取のほうが、査定額が高くなる傾向にあります。また、下取りの場合、下取りでついた金額は自動的に車購入の支払いに充てられることも知っておきましょう。

 

事故に遭った過走行車は売れる?

過走行に加え、事故に遭ってしまった車の場合、査定額に影響する可能性は高いでしょう。損傷程度にもよりますが、大きな損傷があったらかなり安い査定額が提示されるか、値段がつかないケースも大いに考えられます。

 

そんな事故車の処分にお困りの方はタウにお任せください。

タウは1996年創業の事故車買取専門業者で、日本でもっとも多くの事故車買取を行っています。タウが事故車の買取を行えるのは、以下の理由があるからです。

 

・海外への輸出ルートをもっているから

事故車が売れる理由のひとつに、海外でのニーズがあります。日本では敬遠される過走行車や事故車ですが、海外では違います。もともと日本車の性能が高いことに加え、海外では40万km走っている車もあるため、日本でいう過走行車は海外で売れます。タウは海外100ヵ国以上に流通ルートをもっており、海外への販売を強みとしています。

 

・部品として販売できるから

車として再利用できない場合であっても、部品を取り外して他の車の修理に使うことができます。車は複数のパーツ・部品から成り立っているため、活用ノウハウをもっているタウは、過走行車や事故車であっても買取可能なのです。

 

・素材として利用できるから

状態が悪く車として再利用できない場合は、スクラップ処理をして、素材ごとに分別します。車は鉄やアルミニウム、ゴムなどの素材でできており、それらは製品の原料として再活用したり、発電所のエネルギー源となったりします。

タウは事故車買取専門業者として、素材そのものを取り扱うノウハウももっています。

 

タウでは車をもっとも適切な方法で活用する考えを大切にしており、どんな車でも最大限に生かせるよう努めています。

 

すぐに買取金額を知りたいならタウの「オンライン事故車査定システム」を利用しよう

 

タウでは新たに「オンライン事故車査定システム」を導入します。オンライン事故車査定システムは、必要な情報と車の写真を添付するだけで、買取金額が算出されるシステムです。修理代算出システムの開発により、車の現状から正確な価値を算出することが可能になりました。

 

オンライン事故車査定システムを利用するには、メーカー・車種・年式・型式・グレードや走行距離、車の状態の情報が必要となります。ここで提示された額は買取金額になるため、その金額に合意された場合は、そのまま売却手続きができます。売却手続きを進める際には車検証や車の画像、お客様情報をご提供いただく流れとなります。

 

「少しでも早く売却したい」「査定の立ち合いはめんどう」という方は、Web上で買取金額を算出し、合意のもとで契約を進められるのでおすすめです。

 

オンライン事故車査定システムで査定額をチェックしてみる→https://www.tau-reuse.com/assessment/

オンライン事故車査定システムは、事故車のみの対応となります。水没車でお困りの方は、無料出張査定をご利用ください。

 

売却をそれほど急いでいない方は、従来どおりの「事故車売却シミュレーター」をご利用いただけます。タウの事故車売却シミュレーターは、車の状態をチェックしながら操作いただけるのが特徴です。面倒な事前登録などは必要ありません。

 

はじめに車両情報として、メーカー・車種・年式・型式・グレード・走行距離を入力します。次に、写真を見ながら損傷状態を選択します。損傷状態は、レベル1の「車体の一部が損傷している」状態から、レベル6の「車体の大部分が修理不能な程損傷している」状態まで選択可能です。

 

さっそくシミュレーターを試してみる→https://www.tau-reuse.com/assessment/

 

 

事故車売却シミュレーターで表示される査定額は目安になりますので、実際の買取額を知りたい方は出張査定をご利用ください。出張費用は無料です。

 

まとめ

過走行車かどうかの判断は、走行距離8,000~1万km(年間)が目安になります。それ以上となれば過走行車となり、査定に影響する可能性があります。業者によっては総走行距離5万km、10万kmを目安としている場合もあるので確認しましょう。

 

過走行車に加え、事故車の場合は査定に大きく影響する可能性が高いため、事故車の処分に困ったら事故車買取を得意としているタウにお任せください!

無料査定はこちら CLOSE
どんな状態の事故車でも
買い取り可能です。
無料査定のご依頼は
お電話で。
どんな状態の事故車でも買い取り可能です。
無料査定のご依頼はお電話で。
CLOSE