閉じる

事故車買取コラム

no image

高価買取にベストな時期やタイミングとは?事故車の買取もタウなら安心

大切に乗ってきた愛車だからこそ、少しでも高く売却したいと思うのは当然のことです。とくに事故車の場合は、ほとんど値段がつかないのではないかと心配する方もいらっしゃることでしょう。でも、ちょっとした工夫をすることで高価買取につながります。ここでは、事故車を高く買取ってもらうためのコツをご紹介します。

 

車の売却にベストな時期とは?

一般的に、車の需要が高まるのは春頃といわれています。3~4月の新生活スタートに合わせて車を購入する人が増えるからです。そのため、それよりも少し早い1月~3月頃は、販売業者も在庫確保のため、やや高めの金額で買取することが多いようです。

 

次に、11月頃はSUV車の人気が高くなる時期です。SUV車はスキーやスノーボードなど大きな荷物を積み込みやすいため、この時期に需要が高まります。そのため、9月~10月はSUV車の買取金額が高くなる時期といわれています。

 

また3月は決算、9月は半期決算をしている販売業者が多く、高価買取が期待できる時期です。

 

ただし、これはあくまで一般的な中古車買取店の場合であり、買取業者によっては時期による査定額の影響がほとんどないケースもあります。

 

“下取り”と“買取”の違い

一見同じように思えますが、“下取り”と“買取”は異なります。下取りとは、新しく新車または中古車を買うお店に今まで乗っていた車を引き取ってもらうことです。買取とは、買取専門業者や販売店に新しい車の購入とは関係なく車を売ることです。また、基本的に下取りより買取の方が、査定額が高くなる傾向があります。両者のメリット・デメリットを押さえておきましょう。

 

・下取りのメリット

新車の値引きができない分を、下取り額で補填してくれることがあります。

 

・下取りのデメリット

他の買取店で高い査定額がついたとしても、下取り価格を上げてくれることはほとんどありません。下取り代金は自動的に次に購入する車の支払いに充てられます。

 

・買取のメリット

数店舗の買取価格を比較でき、一番高い値段を付けてくれたところへ売却できます。買取業者が得意としている車種や分野によっては、通常よりも高い金額をつけてもらえることがあります。買取店で得たお金の使い方は自由です。

 

・買取のデメリット

買取業者によって得意としている分野が違うため、買取額にバラツキが生じます。車の状態によっては買取不可となる場合もあります。

 

車を高く売りたいなら“走行距離”に注目

査定士は複数のポイントを見て査定額を算出しますが、その中でも“走行距離”は重視されています。走行距離は車の寿命を把握する上で非常に重要な項目だからです。車は乗り続けることで各部品が消耗され、寿命が短くなります。走行距離が長くなればなるほど、残りの寿命は短くなるため売れにくくなります。

 

走行距離は、1年で1万キロを目安にします。この年間1万キロという基準は、一般財団法人日本自動車査定協会が定めているため、どの買取業者であっても同じ目安になるでしょう。これをひとつの基準とすると、5年で7万キロだと長く、3万キロだと短いということになります。

 

また、3万キロ、5万キロ、10万キロで大きく差が開きます。それぞれの距離を超える前に、買取に出すか検討してみましょう。

 

10万キロを超えると“過走行車”とよばれるようになり、国内では需要が下がります。しかし、10万キロを超えたからといってエンジンが機能しなくなったり、直ちに乗れなくなったりするわけではありません。20万キロ、30万キロの走行が珍しくない海外への販売ルートをもつ廃車業者や事故車買取専門業者であれば高値がつく場合もあるため、まずは査定に出してみましょう。

 

車種のモデルチェンジの前後もポイントに

モデルチェンジには2種類あります。一部分だけが改良されたマイナーチェンジと、全面改良されたフルモデルチェンジです。車は数年に一度、モデルチェンジをしています。

新しいモデルが発売されると旧モデルの人気は下がるため、査定額も下がります。消費者は古いものより新しいものを好む傾向があるため、避けては通れないことです。

 

また、モデルチェンジをきっかけに今乗っている車を売って新しいモデルに乗り換える人が出てくるため、中古車市場には旧モデルの車がたくさん出回ります。需要と供給のバランスから見ても、価格が下がりやすくなります。

 

とくにフルモデルチェンジの場合は、大幅に査定額が下がる可能性があります。車を査定に出す予定がある場合は、メーカーのモデルチェンジ情報をこまめにチェックしましょう。

 

車検が切れるタイミング

車検が切れるタイミングは、車検を通す前に売却するのか、車検に通してから売却するのか悩みどころだと思います。まずは、車検を通す際に必要になる費用を確認しておきましょう。内訳は以下のようになります。

 

・自動車重量税

軽自動車の場合は一律ですが、普通車の場合は重量に応じて税額が変わります。

 

・自賠責保険料

加入が義務付けられている自賠責保険料は、車検時に支払います。

 

・印紙代

自動車検査証を発行するときに必要になります。車種によって異なりますが、数千円程度です。

 

・検査費用

車検を受けるために支払う基本料です。

 

・代行手数料

車の所有者に代わって車検を引き受けてもらうために支払う手数料です。

 

上記の他にも、修理や部品交換が必要になれば別途費用が発生します。車検は普通車であれば10万円程度、軽自動車は7万円程度かかります。一方で、車検で負担した以上に買取額が上がるケースはほとんどないため、売却するならば車検前がおすすめです。とくに、次の車検まで12ヵ月未満の場合は査定額に影響する可能性はほとんどありません。

 

しかし、車検ギリギリに査定に出すと車検切れになってしまうケースもあります。車検切れでも問題なく売却できますが、車検が切れているということは公道を走れないので持ち込みはNGです。もし違反した場合は、罰金もしくは6ヵ月以下の懲役が科せられるので気をつけましょう。レッカー移動させるか、もしくは仮ナンバーを取得するなどの手間がかかります。

 

事故車を少しでも高く売るためのコツ

事故車を売却するのであれば、少しでも高値がつく方法を選択しましょう。高く売るためのコツをご紹介します。

 

・一括査定に出す

買取業者といっても得意としている分野はさまざまなため、査定額にも大きな差が出る可能性があります。1社だけの見積もりで決めるのではなく、3社程度は見積もりを依頼することをおすすめします。

 

・無料出張査定をしてくれる業者を選ぶ

出張査定を行ってくれる業者を選べば、査定のために業者まで車を走らせる手間を省けます。なおかつ無料査定であれば金銭的負担もないため安心でしょう。

 

・小さなキズや汚れは直しておく

車に乗っていると小さなキズや汚れはどうしてもつきます。このうち市販の研磨剤等でキレイにできるものは、自分で直しておくのがおすすめです。ただし、板金修理が必要なものなどは買取業者に任せましょう。修理費用が買取額を上回ることはほとんどないためです。

 

・査定前に掃除しておく

内装のキレイさや清潔さは買取にも重要です。お金を払って本格的にクリーニングする必要はありませんが、「丁寧に使われていた」という印象を持ってもらえるよう、自分で行える掃除はしておきましょう。

 

・純正オプションをアピール

車の買取には、装備やグレードも影響します。あとから取り付けることができないような純正オプションや装備は積極的にアピールしましょう。例えば、純正ナビやETC、本革シート、自動スライドドア、スマートキーなどです。

 

高く売りたいからといっても、やってはいけないこと

少しでも高く売りたいという気持ちがあると、都合の悪いことは隠したくなりますよね。事故車売却の場合、修復歴を伝えなくても問題ないと思う方もいるでしょうが、それはNGです。

 

修復歴がある事故車であることは必ず買取業者に伝えなければいけません。もし伝えなかった場合は、契約解除を申し立てられたり、損害賠償を請求されたりする可能性があるので注意しましょう。

 

事故車を高く売るならタウへ

事故車専門買取業者のタウなら走行距離が長く、年式が古いような事故車(修復歴車)でも高価買取が期待できます。中古車買取業者やディーラーでは思ったような金額にならなかったときは、ぜひご相談ください。

 

タウが事故車を高価買取できる理由は主に2つあります。ひとつ目は「海外への流通ネットワーク」、ふたつ目は「部品や素材としての価値」です。

 

1.海外への流通ネットワーク

事故車は乗り続けていると不具合が起きる可能性があり、縁起が悪いという理由などから日本では敬遠されがちです。そのため、いくら日本国内にネットワークが強い買取業者であっても事故車を高額買取できるとは限りません。一方、タウはアジアを中心に100ヵ国以上への流通ネットワークを持っています。海外では日本車人気が高いため、事故車売買のビジネスが成り立つのです。

 

2.部品や素材としての価値

損傷の状態が激しく、車として再利用できないケースもあります。その場合、部品単体として他の車に再利用するか、スクラップし素材としての利用価値を見出します。車というのは資源のかたまりのようなものです。鉄やアルミなど多くの部品が集まっている車は、それらをバラバラにして再利用することができます。タウでは部品や素材の価値も見出し、車そのものの価値を査定額に組み込みます。

 

タウにはこれまでに積み上げてきた独自のルートやネットワークがあります。事故車や水没車を専門に扱っているため、高価買取が可能です。事故車売却シミュレーターを利用すれば、自宅にいながら査定額を見ることができます。事前に査定額を知りたい方は、事故車売却シミュレーターをぜひご利用ください。

 

事故車の査定額を知りたい

https://www.tau-reuse.com/assessment/

タウでは車種や時期によって買取強化が異なることはなく、1年を通して高価買取を行っています。車の処分に困ったら、まずはご相談ください。

無料査定はこちら CLOSE
どんな状態の事故車でも
買い取り可能です。
無料査定のご依頼は
お電話で。
どんな状態の事故車でも買い取り可能です。
無料査定のご依頼はお電話で。
CLOSE