閉じる

事故車買取コラム

修復歴車となる事故車のリスクとは?売却時の注意点

こちらでは、事故車に関して注意すべきポイントを詳しく解説します。

 

車を運転するなら、事故のリスクは付き物です。運転に細心の注意を払っていても、避けられない事故が発生します。事故によって大切な愛車が損傷を受けた場合、決断しなければいけないことがあります。それは、「修理に出すのか」それとも「売却するのか」ということ。

 

修理に出せば愛車の外観は事故前と何も変わらないかもしれません。しかし、事故の程度によっては、修理して乗り続けるとリスクが生じることもあります。

 

そこでこの記事では、事故車を修理して乗り続けるリスクや、事故車を売却する方法、そして修復歴車を少しでも高く売却する方法をご紹介します。

 

事故車とは「修復歴のある車」

一般的に“事故車”と聞くと、「事故を起こした車」と思う方が多いでしょう。しかし、車業界の事故車とは、“自動車の骨格であるフレーム部分を修復した車=修復歴車”のこと。つまり、事故歴なくてもフレーム部分の修復歴があれば、“修復歴車”となります。

 

自動車公正取引協議会、日本自動車査定協会、日本中古車販売協会連合会が定めた規約において、以下の部分に損傷があるもの、または修復されているものが「修復歴車」と定義されています。

 

1.クロスメンバー(フロント・リヤ)

2.サイドメンバー(フロント・リヤ)

3.インサイドパネル(フロント)・ダッシュパネル

4.ピラー(フロント・センター・リヤ)

5.ルーフ

6.センターフロアパネル・フロントサイドメンバー

7.リヤフロア(トランクフロア)

8.ラジエータコア サポート

 

“修復歴車”のリスクとは

“修復歴車”とは、事故やその他の理由で骨格部分に損傷を受け、修復した車。中古車専門店では、安く販売されることがあります。また、車への愛着から手放せずに修理し、修復歴車に乗り続けることもあるでしょう。

 

しかし車にとって、骨格部分は非常に重要。修理して乗り続けることと、以下のような不具合が生じるリスクがあります。

 

  • 歪み

外観はキレイに修復できても、年月が経つと骨格部分に歪みが生じることがあります。骨格の歪みをそのままにしておくことは非常に危険。もし生じた場合は、再度修復する必要があります。またその歪みによって、その他の部分に不具合が生じる可能性もあります。

 

  • 直進走行への支障

車にとって重要な骨格にダメージを負っているため、直進走行に支障をきたす場合があります。代表的な症状としては、ステアリング(ハンドル)がガタガタ揺れたり、車が左右どちらかに寄ったりして、まっすぐ走ることができないなどです。

 

  • ブレーキへの影響

現在は自動ブレーキ搭載車が増えてきていますが、骨格部分のダメージによって自動ブレーキ誤作動のリスクもあります。ブレーキの誤作動は極めて危険。大きな事故を引き起こす原因となりますので、十分な注意が必要です。

 

骨格部分の修理費用は決して安くはありません。修理後にこのような新たな問題や故障が発生すれば、繰り返し高額な修理費がかかる可能性もあります。

 

修復歴の有無は記録簿をチェックしよう

修復歴車は、修復歴の表示義務があります。しかし、冠水歴のある水没車や骨格部分以外の修理に関しては表示義務がないため、車の外観だけで判断するのは困難を極めます。

 

とくに水没車に関しては、確認がとても重要。シートまで濡れていると、カビの繁殖や異臭などの原因となります。購入したときは気にならなかったことも、購入後にエアコンをつけて初めて気づくケースも少なくありません。修復歴車も同様で、乗りはじめたあとに不具合が生じる可能性が大きいことを理解しておきましょう。

 

車には記録簿(点検整備記録簿・整備手帳)があります。記録簿とは、12カ月点検、24カ月点検といった法定整備を行った際、車の各部分の状況や修理履歴、部品の交換履歴が記録されたものです。この記録簿を確認することで、これまでの車の状況を把握することができます。

 

一方、記録簿がない場合、修復歴等がわからないことが多いです。その場合、せっかく安く手に入れても、乗りはじめてから不具合が次々と発生し、修理代で高くつくケースも。修復歴車を購入することには、こうしたリスクもあることを覚えておきましょう。

 

修理歴車を売却するには?

では、骨格部分を修理するほどの損傷、または修理を行った修復歴車を売却すると決めた場合、売却額はどれくらいになるのでしょうか。

 

先にお伝えしたように、修復歴車は、修理して外観は元通りになっても、将来的にどのような不具合が起こるかわかりません。そのため。価値は低くなります。

 

売却額は車種によって異なりますが、一般的には通常の査定価格よりも約30万円程度安くなってしまいます。人気の車種や車の状態によっては、5万円~10万円程度の減額で済む場合もあるでしょう。

 

修復歴車を売却すると決めた場合、まずは売却先を決めなければいけません。実は、この売却先によって、査定価格が大きく変わる可能性があります。

 

修復歴車を売却し、新車を購入する場合は、ディーラーへ下取りに出す選択肢があります。ディーラーに車の査定価格を出してもらう場合、新車購入の値引のひとつとして扱われることが多いです。また、ディーラーは中古車買取や中古車販売に関して、あまり積極的ではありません。修復歴車の買取に関しては厳しい査定価格となることが予想されます。場合によっては、買取拒否となる可能性もあるでしょう。

 

次の選択肢は、中古車買取業者です。中古車を専門に取り扱うため、修復歴車の買取に積極的なイメージがあるでしょう。しかし修復歴車は通常の中古車とは異なり、日本国内ではニーズが低く、乗り続けることのリスクもあります。積極的な買取は期待できません。

 

「修復歴」を申告せずに売却するのは絶対にNG

少しでも高く買取ってもらおうと、骨格部分の修復を隠すのは、厳禁。修復歴車を売却する場合、骨格部分の修復は隠さずに自己申告する義務があります。また自己申告しなくても、業者が見ればわかることです。「それなら申告しなくても良いのでは?」と思われるかもしれませんが、隠したり嘘をついたりしてしまっては、買取業者との信頼関係を築けません。不信感を持たれるきっかけとなり、査定価格に影響を及ぼす可能性があります。

 

もし、査定時に修復歴が発覚せずに、そのまま売却したとしても、これは虚偽の売買契約を締結したことに。売却後であっても「事後減額請求」の対象となります。修復歴車を売却する際には、修復した事実と箇所をしっかり伝えましょう。

 

“修復歴”と “修理歴”の違いは?

“修復歴車”とよ混同しやすいのが、“修理歴”です。修理歴とは、フレーム部分以外の修理や交換をした経歴のことで、ドアやボンネットなどの凹みや傷の修理がそれにあたります。また、一般的によく使われる“事故車”は、事故を起こした車のこと。修理や修復の有無とは別に考えましょう。

 

売却時に注意すべき点は、修理歴を修復歴として査定し、査定額を下げる悪質な業者がいるとこと。こうした悪質業者に引っかからないように、あらかじめ基礎知識をもつことが重要です。

 

修復歴車を少しでも高く売却する方法

修復歴車を売却するためにディーラーや中古車買取業者に持って行っても、買取ってもらえなかったり、値段がほとんどつかなかったりすることも。この場合、廃車にするしかないと考える方が多いでしょう。廃車にすると、お金を得るどころか、廃車手続きにお金を支払わなければいけません。

 

しかし、廃車と思われる損傷の激しい車であっても買取ってくれるが、事故車買取の専門業者です。

 

事故車買取業界大手の株式会社タウは、事故車、修復歴車、未修理車、水没車、不動車などを専門に買取しています。ディーラーや中古車買取業者では値がつかない車であっても、ぜひ一度ご相談ください。

 

タウには車を解体し、部品として販売できるノウハウがあります。日本では価値が低いとされる修復歴車や水没車であっても、部品単体で買取が行える場合も。さらに、日本国内をはじめ海外にも独自の販売ルートを持っているため、高く買取りできる可能性が高いのです。ディーラーや中古車買取業者で「買取れない」といわれた場合も、あきらめないでください。

 

まとめ

大切な愛車が事故を起こして修復歴車になった場合、修理してそのまま乗り続けたとしても、他の部分が不具合は起こる可能性があります。また修復歴車を売却する場合は、虚偽の申告はせず、正直に修復歴があることを伝えましょう。

 

虚偽の申告で売却しても、あとから減額請求の対象にされます。大切に乗った愛車ですから、最後は気持ちよく売却したいものです。

 

「売却したらいくらぐらいになるの?」と査定額が気になる方は、国内初となるタウ唯一の売却シミュレーターをご利用ください。車両情報を入力すると簡易的に査定額をご提示します。

さっそくシミュレーターを試してみる→https://www.tau-reuse.com/assessment/suigai/

 

当社の驚きの買取額を、「ガイアの夜明け」(テレビ東京)、「Live News it!」(フジテレビ)といったニュース番組で取り上げていただきました。

 

修復歴車の売却は、修復歴車を専門に扱う業者に頼むのがポイント。他で値がつかない場合でも、事故車専門の買取業者であれば、高く買取ってもらえる可能性が高くなります。タウでは事故車・水害車売却シミュレーターや、24時間受付可能の相談ダイヤルも備えています。事故車や修復歴車などの売却でお困りの際は、ぜひご相談ください。

無料査定はこちら CLOSE
どんな状態の事故車でも
買い取り可能です。
無料査定のご依頼は
お電話で。
どんな状態の事故車でも買い取り可能です。
無料査定のご依頼はお電話で。
CLOSE