閉じる

事故車買取コラム

激安の中古車に注意!水没車の定義や売却方法を徹底解説

近年、台風やゲリラ豪雨などで車が水没する被害が増えています。水没車は、致命的なダメージを受けるため、買取に出しても思うような値段がつかず、修理にも莫大な費用がかかる場合があります。また、修理したとしても将来的に不安が残るでしょう。それでは、水没車はどのように処分すべきでしょうか。こちらでは、水没車の定義から売却方法まで詳しく解説します。

 

そもそも“水没車”とは?

“水没車”は、台風やゲリラ豪雨などの水害によって水没した車のことで、具体的な定義が定められています。また、水害車や冠水車、冠水歴車などさまざまな呼び方があります。

日本自動車査定協会の査定基準では、水没車は「室内フロアよりも上まで浸水した車」または「浸水の痕が複数ある車」と定義されています。浸水の痕か飲みこぼしなどによる痕かを見分けるために、「通常の使用では発生しない場所の痕」と「通常の使用では付着しない汚れ・シミ」の2つを確認します。

 

例えば、シートのスライドレールやペダル類のブラケット、ステアリングポスト付近、シガーライター、シートベルトの取り付けボルトなどは、通常ではサビや腐食が発生しないため、これらの場所に痕があると水没車と考えられます。さらに、泥水が乾いて粉末状になった汚れや水位跡などがあった場合も浸水したと判断されます。また、カビや泥臭い場合も浸水した可能性があり、エアコン作動時に臭う場合も浸水が疑われます。

 

実際に審査を受けなければ水没車かどうかは判断できませんが、自分の愛車が水没した際には、これらのポイントをチェックして、水没車と判断されるかどうか確認してください。

 

中古車販売店に表示義務はない

水没車はプライスボードに表示する義務がありません。表示義務があるのは、車の骨格(フレーム)の修復や交換をした車で、「修復歴車」と表示されます。水没車は車の骨格の修復や修理をしたわけではないため、修復歴車とすら表示されません。

 

もちろん、水没車、冠水歴車と表示する中古販売店もありますが、表示義務がないため“激安中古車”として販売している業者もあることを覚えておきましょう。

 

とくに、相場に対して安く販売している車は、事故車や水没車の可能性があります。ただし、安くすることでかえって怪しまれるため、ときには相場と同程度の金額で販売している業者も。

 

もし、水没車だと知らずに購入した場合、故障のリスクが高いことに加え、その車を将来売却するときに、トラブルが生じる恐れがあります。中古車は基本的に返品ができず、クーリングオフの適応もできないのが現状です。そのため、購入時に修復歴や冠水歴をしっかりと確認したうえで購入しましょう。

 

返品ができるケースは、車の骨格(フレーム)部分を修復、または交換した履歴がある「修復歴車」であることを知らずに購入した場合です。修復歴車は告知義務があるので、購入者へ伝えないまま販売することはできません。しかし、修復歴車となる部分以外の修復や交換、水没車などは告知しなくても販売業者側に落ち度がないと判断され、基本的に返品できません。

 

水没車の見極め方法

水没車を見極めるには、その特徴を知っておく必要があります。水没車に現れやすい特徴について、車の箇所ごとに詳しく見ていきましょう。

 

●ドア内張

1.ドアの内張の内部にあるシーリングスクリーンにはがし跡がある

2.接着剤(ブチルゴム)に粉末状の汚れがついている

3.各トリム類の製造年月、初度登録車と、年式などとの誤差を確認する

 

浸水した場合、ドア内張を交換している可能性が高いため、欠かさずチェックしましょう。

 

●エンジンルーム

1.シリンダブロックとヘッドカバーボルトがサビついている

2.アルミ製部品が腐食・変色したりしている

3.ラジエータコアサポートやエアコンコンデンサが変色している・粉末状の汚れがついている

 

エンジンルームの見極めは、知識がなければ判断が難しいかもしれません。しかし、腐食や変色、サビつきがあれば確認できるため、チェックしておきたいところです。

 

●電装

1.オルタネータとエアコンコンプレッサーが腐食している

2.パワーウインドやカーナビ、オーディオ、ドライブレコーダーなどの作動不良

3.ABSやエアバッグ、触媒センサなどのパイロットランプの異常

4.レンズ内に粉末状の汚れがあったり、変色したりしている

5.ヘッドランプ反射鏡が曇っている

 

浸水によって電装関連が故障や腐食していると、それらが正常に動作しない可能性があります。命にかかわる機能もあるため、欠かさずチェックしましょう。

 

●トランクルーム

1.工具格納トリムボードが変形している

2.工具・ジャッキがサビついている・粉末状の汚れがついている

3.トランクマットと内張が交換されている

4.トランクルーム内がサビついている・カビ臭い

 

濡れたまま放置すると、サビつきます。そのため、トランクルームのなかまで調べることで、水没車かどうか判断しやすくなります。

 

●その他

1.エンジンオイルやAT車のトルコンフルードが変色・白く濁っている

2.検査証や自賠責保険証が汚れている・再発行されている

3.取扱説明書や整備手帳が汚れている・紛失している

 

説明書類の欠品や再発行などがある理由は、水没によって紛失したり汚れたりしたためです。車以外の部分にまで注目することで、より一層水没車かどうか見極めやすくなります。

 

このように車が水没すると、さまざまな箇所にサビや腐食、粉末状の汚れなどが起こります。中古車を販売する際には車内が清掃されるため、ある程度の症状は改善されますが、コストがかかる清掃や修理などは行われないケースもあります。

 

そのため、細部まで注意深く見ることで、水没車かどうか見極められるでしょう。

 

また、販売店に対して水没車かどうか直接尋ねることも大切です。ただし、正直に水没車だということを教えてくれる業者ばかりではありません。従業員の質によっても異なるため、水没車ではないと言われても自分でチェックすることは必須です。

 

愛車が水没してしまったら

自分の愛車が水没した場合は、どう対処すれば良いでしょうか。水没車の対処法は、「修理」、「売却」、「廃車」の3つです。それぞれ詳しく見てみましょう。

 

●修理

修理費用は、水没の程度で大きく異なります。フロアよりも上まで浸水した場合は、エンジンや電気系統の故障が懸念(けねん)され、場合によっては修理費用が100万円を超えます。車両保険を使用する方法もありますが、保険金額が100万円の場合は100万円以上かかった時点で差額の支払いが必要になり、翌年の保険料も上がるため乗り替えを検討した方がいいでしょう。

 

浸水状況によっては、200万円以上もの修理費がかかり、修理をすると損になるケースがあります。車両保険の免責金額が無制限の場合は、全額を修理費用に充てることが可能ですが、月々の保険料が高くなります。そのため、修理費が高いと車両保険では補てんできない場合が多いのです。

 

●売却

フロアよりも上まで浸水した水没車は、現時点では問題がなくても将来的に不具合が起きる可能性があるため、中古車買取業者やディーラーに査定を出しても高額買取は期待できません。

 

査定では点数制が採用されており、水没車は日本自動車査定協会が定めた規定に従い、次のように減点されます。

 

フロアまで・・・30%以内
クッション上部まで・・・40%以内

ダッシュパネル上部まで・・・50%以内

 

つまり、深く浸水すればするほど買取価格が低くなります。

 

●廃車

解体業者に依頼して車を解体し、陸運支局への手続きを経て完了となります。手元に一切の現金が残らず、手続きの手間もかかるため、もっとも避けたい方法です。また、廃車引取費用や解体費用も数万円程度かかります。

 

無料で引取・解体できる業者もいますが、いずれにしても損が大きい方法です。また、怪しい業者もいるため、トラブルに巻き込まれる可能性も否定できません。

水没車などを専門に買取している業者

一般的な中古車買取業者では、買取できない・値段がつかない場合は、廃車しか方法がないと思われがちです。ここで利用したいのが水没車や事故車など、一般的な中古車買取業者では対応できない車の買取ができる業者です。

 

このような業者は、海外でのリユースや解体などで使える部品を売却するなどして利益を得ており、怪しい業務を行っているわけではありません。水没車も積極的に買取しているため、どれだけ深く浸水した車であっても、買取が期待できます。通常では値段がつかない水没車でも数十万円で買取が可能となれば、次の車の購入資金に充てられるでしょう。

 

水没車の買取を依頼するなら実績No.1のタウに!

事故車買取専門業者タウでは、水没車でも積極的に買取しています。事故車買取業界3年連続No.1の実績を誇り、年間9.8万台以上、合計68万台以上の買取実績があります。ニーズが高い海外に対し、世界100ヵ国以上もの販売ネットワークがあるため、高価買取が可能です。

 

また、国内初となるタウ唯一の売却シミュレーターでは、車両情報を入力いただくだけで簡易的に査定額を

即座にご提示。おおまかに水没車の査定相場を知ることができます。廃車だけでなく「売却して乗り換える」という選択肢をご検討ください。

さっそくシミュレーターを試してみる→https://www.tau-reuse.com/assessment/suigai/

 

タウでは、台風19号の被害にあった水害車両の引き取り対応を強化しています。

・ガイアの夜明け(テレビ東京)

・ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)

・Nスタ(TBS)

・News23(TBS)

・Live News it!(フジテレビ)

・グッド!モーニング(テレビ朝日)

・やさしいニュース(テレビ大阪)

といったニュース番組で、当社の驚きの買取額を取り上げていただきました。

 

シミュレーションの結果、水没車を売却したいと思われた際には、ご相談ください。仮査定後に全国無料出張で本査定いたします。車のレッカー移動は無料のため、走行できない水没車でも速やかな買取が可能です。水没車の売却をご検討の際には、一度ご相談ください。

無料査定はこちら CLOSE
どんな状態の事故車でも
買い取り可能です。
無料査定のご依頼は
お電話で。
どんな状態の事故車でも買い取り可能です。
無料査定のご依頼はお電話で。
CLOSE