閉じる

事故車買取コラム

“事故車”の意味って?事故車の定義や税の返金について解説

「事故車」と聞いてどんな車を想像しますか? 「単独でガードレールにぶつかってバンパーがへこんだ」「衝突事故でボンネットが破損した」など、交通事故を起こした車をイメージするのではないでしょうか。実際には、「事故車」と呼ばれる車には定義があります。この記事では、事故車の定義や自動車税についてご説明します。

 

事故車の本当の意味とは?

事故車の定義は、自動車公正取引協議会、日本自動車査定協会、日本中古車販売協会連合会で規約が設定されています。交通事故を起こした車を指す言葉ではなく、事故もしくはその他の理由で車の骨格部分が損傷し、修復した経歴がある車を「事故車」といいます。

 

つまり、単純に事故を起こした車を事故車と呼ぶケースもありますが、車業界では“修復歴”がある車を「事故車」と呼びます。

 

修復歴に残るパーツはどこ?

事故車とは修復歴がある車とお伝えしましたが、具体的には以下のパーツが損傷・交換することで事故車扱いとなります。

 

事故車扱いになるパーツ

  • クロスメンバー(フロント・リヤ)
  • サイドメンバー (フロント・リヤ)
  • リヤフロア (トランクフロア)
  • ピラー (フロント・センター・リヤ)
  • インサイドパネル (フロント) ダッシュパネル
  • センターフロアパネル・フロアサイドメンバー
  • ルーフ
  • ラジエーターコア サポート

※ラジエーターコアサポートは修理ではなく交換されたもの

 

修復歴の判断はボディー形状や構造(フレームつき車など)、損傷の度合いなどによって異なる場合があります。上記以外の箇所の損傷および修復の場合は、事故車扱いにはなりません。

 

修復しても事故車扱いにならないパーツ

  • フロントバンパー
  • ロアスカート
  • フロントフェンダー
  • ドア
  • ボンネット
  • トランクリッド
  • リアフェンダー
  • リアバンパー
  • サイドシルパネル

 

上記の箇所は車の骨格部分ではないため、修理しても事故車とはなりません。そのため、きちんと修復されていれば、査定に影響することもほとんどありません。

 

事故を起こしていなくても事故車扱いになる?

車のフレーム部分を損傷し、修復した経歴のある車が「事故車」であることがわかりました。しかし、フレームがゆがむほどの事故を起こしていなくても、事故車となるケースがあります。

 

例えば、お住まいの地域が工業地帯や沿岸部などの場合、長期にわたって車を保管していると、塩害やサビの蓄積などによって損傷する可能性です。車の所有者に悪意はなくても、査定時にはチェックされます。

 

もしお住まいの地域が鉄粉や塩害が発生する可能性があれば、こまめなメンテナンスを行いましょう。日頃から車を丁寧にケアすることで、不要なリスクを減らすことができます。また、車の底など自分で確認できない箇所は、オイルやタイヤ交換などの際に業者に見てもらいましょう。

 

事故車でも買取ってもらえる?

事故などによって骨格部分を損傷した車の処理方法に困ったとき、買取という選択肢があります。しかし、ダメージを受けた車は買取ってもらえるのか、どれくらいの査定額になるのか気になるところです。

 

事故車は買取ってもらえるが減額される

事故車扱いとなる骨格部分の修復歴があっても、買取は可能です。ただし、車の重要なパーツである骨格部分の損傷は、査定額に大きく影響が出ます。

 

たとえ見た目ではわからないほどキレイに修復されていても、しばらく乗っていると異音が発生したり、きしみが出たり、修復歴のない車に比べると劣化はどうしても早いからです。そのため、事故歴のない同レベルの車より、30万~40万ほど査定額が下がります。

 

買取金額がつかない場合は事故車買取専門業者へ

修理前の事故車や修復歴車の場合、中古車買取業者やディーラーでは買取の値段がつかない、買取を拒否される懸念もあります。走行距離数が長かかったり年式が古かったりすれば、国内ではニーズが低いため、廃車をすすめられる可能性も否めません。

 

しかし、日本では需要が低い事故車を専門に買取している、事故車買取専門業者があります。事故車買取専門業者は海外へのネットワークや、部品パーツの販売ルートがあるため、事故車や故障車、水没車などを積極的に買取しています。自社で修理工場を構えている業者もあり、修復された車や取り出された部品は海外へ渡ります。

 

そのため、日本ではほとんど価値がないとされる事故車や、年式の古い車でも高価買取が期待できます。

 

事故車売却時に知っておきたい注意点

車を売却するときに、知っておくべきポイントについてチェックしましょう。

 

①申告義務に注意

「見た目にはわからないほどキレイに修復されているのであれば、自己申告しないかぎり査定に影響しないのでは?」と思う方がいらっしゃるかもしれません。しかし、それは余計に査定額を下げてしまうNG行動です。

 

修復歴のある車は、査定時に申告する義務があります。無理に隠そうとすると、査定士への印象を悪くすることにもつながるので要注意です。とはいえ、具体的な修復内容まではわからない人は、わかる範囲だけ答えれば大丈夫です。

 

②悪徳業者に注意

なかには、悪意をもって査定を行う業者もいるので注意が必要です。例えば、本来ならば修復歴に残らない箇所を「事故車(修復歴車)」扱いにして査定額を下げるなどの行為をする行為です。事故車についての知識や査定の流れなどを知っておくことで、悪徳業者にだまされることなく、買取の交渉がスムーズにできるようになります。

 

車を売却したら自動車税が返金される

車を売るとき、返ってくる税金があることを知っていますか。税金の知識を持っていれば、売却の交渉がさらにスムーズになるでしょう。

 

自動車税とは?

自動車税とは、4月1日時点の車の所有者に対して課せられる税金です。ローン契約のように所有権がディーラーや金融機関にある場合は、車の使用者に対して課せられます。

 

自動車税は1年分を先にまとめて支払うため、売却時には残っている期間分が返ってくる可能性があります。正確にいうと、自動車税の還付を受けられるのは廃車した場合だけです。廃車手続きをすれば国から還付されます。

 

しかし事故車を売却した場合、国からの返金はありません。その代わりに、買取業者が自動車税の残存期間分を査定金額に上乗せしてくれるという仕組みです。ただし、業者が必ず査定額に含まなければいけない義務はないので、査定時に自分で確認しましょう。

 

なかには査定額が上がり喜んだのに、よく見たら自動車税の還付分が上乗せされているだけだったというケースもあります。業者とスムーズに交渉を進めるためにも、自動車税の計算方法を覚えておきましょう。計算といっても複雑なものではなく、支払った自動車税の金額を、名義変更した翌月から次の3月までの月数で割るだけです。

 

自動車税還付金の計算方法

還付金の計算方法は次のとおりです。

 

還付金額=1年の自動車税額÷12カ月×名義変更した翌月から3月までの期間

※還付金額は100円未満の端数を切り捨てます

 

例えば、自動車税が10万円、車を手放した期間が6カ月の場合の計算方法は以下のようになります。

 

10万円÷12カ月×6カ月分=還付金5万円

 

具体的な自動車税の額は、毎年4月下旬から5月中旬にかけて届く納付書で確認しておきましょう。

 

その他にも、車の売却時に返ってくるお金があります。それは「リサイクル料金」です。リサイクル料金は、車を購入したときに前払いしておくもので、車検証や自賠責保険と一緒にダッシュボードに入っていることが一般的です。売却などで名義変更し、次の所有者に引き渡すときに、リサイクル料金は返金されます。

 

自動車税が未納の場合は返金されない

たとえ車を売却することが決まっていたとしても、自動車税の不払いは避けましょう。自動車税を支払わないと逆に損をすることにもなりかねません。例えば、4月中旬に車を売却した場合、自動車税をきちんと納めると11カ月分の返金があります。それが自動車税未納だと、買取金額から清算されることになってしまいます。

 

また、車を売却する際の名義変更手続きのときにも、自動車税納税証明書が必要になります。

 

自動車税納付証明書をなくしてしまった場合

自動車税を支払ったのに納付証明書を紛失してしまった場合は、再発行手続きが必要です。

 

自動車税納付証明書の再発行手続きは、都道府県税事務所で行え、とくに手数料などはかかりません。自動車のナンバー・車台番号・納税義務者等の氏名・住所がわかれば手続きに応じてもらえます。郵送での申請を受けつけている税事務所もあるので、必要に応じて確認しましょう。

 

売却の段取りをうまく組んで税金対策しよう

車は所有しているだけで税金などのお金がかかります。とくに自動車税の還付は日割りではなく月割りで計算されるため、売却時期が一カ月違えば返金額も変わります。すでに売却を決めているのであれば、できるだけ早く売却時期を決めましょう。

 

また、いつまでに売却したいと思っているのか、どんな疑問点があるのかなど、買取業者にハッキリ伝えることが大切です。その際に、買取の流れや必要な書類なども確認しておきましょう。業者とのコミュニケーションがスムーズかどうかで、買取に慣れている業者かどうかの判断もできます。

 

事故車の査定&売却はタウにおまかせ

車の売却を決めたら、事故車、修復歴車、未修理車、水没車、不動車を専門に買取している業者に査定依頼をすることをおすすめします。

 

事故車買取の専門業者タウなら、中古車買取業者やディーラーでは買取の値段がつかない、買取を拒否されるような事故車でも高価買取を行っています。無料査定の依頼は電話もしくは問い合わせフォームより依頼することができます。まずは下記のフリーダイヤルに電話か、オンラインで問い合わせてみましょう。

 

まとめ

“事故車”の定義や売却時の注意点、税金の返金などについてご説明しました。事故車には複数の意味が含まれていることがあるため、事故を起こして故障している車なのか、修復歴がある車のことを指しているのか、よく把握しておくと売却時もスムーズに話が進められます。

 

また、買取業者によって自動車税の説明や返金をしてくれない場合もあるため、不安が残る業者との取引は避けましょう。

無料査定はこちら CLOSE
どんな状態の事故車でも
買い取り可能です。
無料査定のご依頼は
お電話で。
どんな状態の事故車でも買い取り可能です。
無料査定のご依頼はお電話で。
CLOSE