閉じる

事故車買取コラム

動かない車でも売れる!事故車や不動車でも専門業者で買取可能

動かない車や事故車など、乗れなくなってしまった車の処分方法に困っていませんか? 「もう廃車にするしかない」「どうせ買取ってもらえない」と、思っている人も多いことでしょう。しかし、中古車買取業者では売却ができなくても、動かない車(不動車)や事故車などを専門に買取している業者があるのをご存じでしょうか?

 

この記事では、動かない車や事故車についての基礎知識、事故車買取専門業者について解説します。

 

「事故車」は事故を起こした車ではない!?

事故車と聞くと、文字通り“事故を起こした車”だと多くの方が認識しているのではないでしょうか?もちろん、事故を起こして動かない車や損傷している状態を「事故車」と呼んでも間違いではありません。

 

しかし、車業界でいう事故車とは“修復歴車”を指しており、必ずしも事故を起こした車とは限りません。修復歴車は、「車のフレーム(骨格)部分が損傷し、修復または交換されている」と定義づけられています。

 

とはいえ、車のフレームが曲がるほどの損傷がある場合、交通事故や災害による事故などが多くの原因であることから“事故車”や“事故歴”と呼ばれているようです。車の売却時はもちろん、購入時にも大事な情報となるので、事故車・修復歴車とはどういったものなのかしっかりと把握しておきましょう。

 

「修復歴」に残らない事故による損傷

事故の程度によっては、ドアがへこんだ、フロントガラスが割れたというケースもあるでしょう。しかし、そういった部分は車のフレーム(骨格)ではないため、修復または交換をしても修復歴車とはなりません。

 

動かない車は「不動車」と呼ばれる

さまざまな要因によって、動かない車や自走できない車は「不動車」と呼ばれています。具体的に、不動車に該当する車は以下のようなものが挙げられます。

 

・エンジンがかからない

理由はともあれ、エンジンがかからない車は当然動くことができないため、“不動車”となります。エンジンの故障や事故を想像しがちですが、バッテリー上がり、ガス欠などが原因でエンジンがかからない場合も不動車に含まれます。

 

故障箇所を修理していない

故障箇所を修理すれば動く車であっても、未修理で動かないのであれば“不動車”として扱われます。事故による故障はもちろん、劣化や災害などで故障して動かない車は不動車となります。

 

車検が切れている

機能にはまったく問題がない車であっても、車検が切れていれば不動車になります。車検が切れた車は公道を走ることができないため、走れない車=不動車です。売却や車検の更新を考えている場合、仮ナンバーの申請やレッカーで運ぶ必要があります。

 

事故車と不動車どちらも無理な走行はNG

「自分の車は、事故車・不動車のどっちになるのか?」と悩むケースもあるかと思います。例えば事故を起こして動かない車は、「事故車であり不動車でもある」となります。もし動いたとしても、整備不良車と判断されれば違反となり、公道を走ることはできません。無理に動かすことで、さらにゆがみや故障を招く恐れもあります。

 

走行に危険性があるときはレッカーで移動させましょう。

 

動かない車はどう対処したら良いのか

事故車や不動車について説明してきましたが、動かない車はどう対処すべきか迷っている方も多いかと思います。

 

そのままの状態では駐車場代や自動車税がかかり、大きな負担となります。基本的には、車の車種や年式、動かない理由、損傷状態などで対処方法が異なります。バッテリー切れやちょっとした損傷の場合、修理金額の負担が少なく済むため、乗り続けるのもひとつの手段です。同じく車検が切れているだけで、とくに故障や損傷がない車は、車検を通せば乗り続けることができます。しかし、修復歴車や年式の古い車は、再び故障する恐れがあるため、売却するか修理して乗り続けるかは、よく検討してから決めましょう。

 

乗り換えを希望する場合、中古車買取業者への売却が考えられます。車の状態によっては買取金額が低い、または値段がつかないこともあります。そうした場合、廃車や解体業者で処分するしかないと思われがちですが、不動車や事故車を専門に買取している業者があります。

 

事故車買取専門業者とは?

事故車や状態の悪い不動車は、一般的な中古車買取業者やディーラーでは買取金額がほとんどつかないと諦めている方も多いかと思います。しかし、事故車買取専門業者はどんな状態の車でも、買取ってもらえる可能性があります。

 

一般的な中古車買取業者とは違い、事故車買取専門業者ではパーツ販売や海外への流通ルートを持っています。そのため、日本では価値がない事故車や不動車であっても、高価買取に期待が持てます。もし、修理不可能で使えるパーツがない場合でも、鉄くずとして値段をつけてくれることもあります。

 

海外では日本車はとても人気が高く、修復歴がある車でも多くの国で必要とされています。日本よりも規制が低いという理由もありますが、日本の技術力は評価が高く、修理されて動く車であれば需要があるのです。

 

そのため、状態があまり良くない車は、主に日本国内で買取・販売している中古車買取業者よりも、海外への流通も行っている事故車買取専門業者の方が得意としています。

 

事故車買取専門店で売却までの流れ

事故車買取専門店での売却の一般的な流れは次のとおりです。

 

STEP1:見積もり

車の年式や状態によって買取金額の見積もりを行います。ホームページなどでシミュレーションできる場合もありますが、あくまで目安です。また、事故車や不動車はお店まで持っていくのは困難です。無料で出張査定をしている業者に見積もりをお願いしましょう。

 

STEP2:契約

見積額に合意できたら、車の売買契約書を交わします。車の名義変更を行うために、以下のような書類が必要です。

 

  • ・車検証
  • ・ナンバープレート
  • ・リサイクル券
  • ・印鑑証明書
  • ・委任状
  • ・譲渡証明書
  • ・申請依頼書

 

車の種類や業者によって必要な書類は変わります。慌てないためにも、事前に必要な書類を業者にしっかりと確認しておきましょう。

 

STEP3:車の引き取り

業者が指定の場所まで車を引き取りに来ます。レッカー代金は業者が負担してくれる場合もありますが、見積もりや契約のときにきちんと確認しておきましょう。

 

STEP4:査定代金の支払い

指定の金融機関口座に査定代金が振り込まれます。名義変更が完了し、自動車税などの還付が終われば手続き完了です。還付書類が発行されるまでには数カ月かかります。

 

タウなら不動車でも高価買取が可能!

事故車買取の専門業者タウは、事故車などの不動車の高価買取に自信があります。その理由は、「119ヶ国もある海外への販売ネットワーク」を持っているからです。海外では日本の事故車に対するニーズがあります。

 

タウの店舗は、札幌、仙台、埼玉、千葉、西東京、横浜、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡など全国に存在します。不動車の処分や売却にお悩みでしたら、タウの無料査定をぜひご利用ください。お電話や問い合わせフォームからも受け付けております。

 

まとめ

動かない車=不動車について、ご紹介しました。もし売却を考えている場合は、不動車となっている原因や損傷状態で、査定が大きく変わるということを念頭に置いておきましょう。

 

処分方法に困り、ずっと駐車場や敷地に置いたままだという方もいるかと思いますが、さらに状態が悪くなったり、乗らない間も自動車税や駐車場代がかかるため、早めの対応をおすすめします。

 

「こんな状態で本当に売れるの?」と思われる車でも、事故車買取専門業者ではニーズのある車かもしれません。気になる方は、まず一括査定や売却シミュレーターを利用してみてはいかがでしょうか。

 

→事故車買取業者タウの売却シミュレーターを確認

無料査定はこちら CLOSE
どんな状態の事故車でも
買い取り可能です。
無料査定のご依頼は
お電話で。
どんな状態の事故車でも買い取り可能です。
無料査定のご依頼はお電話で。
CLOSE