閉じる

事故車買取コラム

【タウの環境保全活動・CSRについて】事故車買取実績No.1のタウが選ばれる理由

一般的にニーズがないように思われる事故車。ではなぜ、事故車買取専門業者は存在するのでしょうか。そして事故車買取専門のタウは、なぜ高価買取ができるのでしょうか。

 

この記事では、環境への貢献を目指すタウの事業活動について解説します。事故車の適切な流通ルート開拓方法や、「損害車のリユース・リサイクル」の取り組みをご覧ください。

 

事故車買取実績No.1タウの取り組みとは?

「カー・トリアージ」とは、car(車)をtriage(選別)するシステムをあらわした概念のことです。損傷を受けた車の損傷具合や修理コスト、残存価値を考慮した上で、その価値を最大限活用するための方法を決定します。タウが買取った車はこのカー・トリアージの概念に基づいて、「修復利用」「部品利用」「素材利用」の3つの方法から、車の価値を最大限活かします。

 

カー・トリアージにおける3つの方法

・修復利用(Repair)

車として活用することが適切と判断された損害車は、修理工場で修復し、再び活用します。 新しい車を製造して利用するよりも、経済的・環境的・社会的メリットをもたらします。

・部品利用(Reuse)

物理的・経済的な理由から、修復利用が適切でない場合、再利用できる部品を取り外して、他の車の修理に使います。 新しい部品を製造して修理するよりも経済的で、環境への負荷も減らせます。

・素材利用(Recycle)

車として活用することが適切でない場合は、スクラップ処理をして、鉄、アルミニウム、プラスティック、ゴムなど素材ごとに分別します。 これらは製品の原材料として再活用したり、発電所などのエネルギー源になったりします。

 

See You Againプロジェクトとは?

タウが行う「See You Again Project」は、「車を売却する方」と「次に車を購入される方」の想いをつなぐプロジェクトです。売却する際は、お客様に車への想いをメッセージカードに綴っていただき、車を購入された方からのお返事をタウが受け取ります。

 

・いいね!deチャリティーキャンペーン

投稿についた「いいね!」の数に応じて寄付活動を行うキャンペーンです。世界各国の「安全・安心な車社会」の実現に向けた活動です。例えば、以下のような寄付活動を行っています。

 

・チャイルドシート 寄付キャンペーン inマレーシア

交通事故による死亡率が新興国中ワースト3位であるマレーシア。事故発生件数も年々増加しています。2020年 より、子どもたちの命を守るためチャイルドシートの義務化によるガイドラインが整備される予定です。しかし、現状は義務化を翌年に控えながらも普及は進んでいません。

 

その理由に、チャイルドシート自体が一般市民にとって高価であることも考えられます。そこでタウでは、キャンペーン期間中についた「いいね」1件を100円として換算。総いいね数に応じた数のチャイルドシートを購入し、マレーシアの子どもたちへ届ける活動を行っています。

 

タウの販売ネットワークと海外での実績

日本国内では需要の少ない事故車ですが、海外では価値があります。タウはそこに着目し、海外への損害車リユース・リサイクルを展開してきました。日本と諸外国とのあいだにある「価値観の違い」や「流通価格の差」に着目し、世界中に事故車の販売ネットワークを築いてきたのです。

 

損害車リユース事業のパイオニアとしての歴史

タウは、損害車リユースのパイオニア。創業は1996年です。石油卸企業に勤めていた創業者が当時(1980年代)駐在していたアメリカやオーストラリアで盛んだったレストアカルチャーに触れ、ビジネスチャンスを得たことがきっかけでした。

 

“レストア”とは、古い車や壊れてしまった車を修復し、蘇らせること。当時、タウのように損害車リユースビジネスを専門で手がける企業は他にありませんでした。日本では古い車や壊れた車は、お金を払って処分することが当たり前だったような時代です。そんななか、タウはいち早くインターネットを導入したり、オーストラリアやロシア、南米などに商圏を拡大したり、損害車リユースの道をどんどん切り開いてきました。

 

その結果、現在は海外に119ヵ国の販売ネットワークを持っており、とくにオセアニア、ロシア、南米での需要が高くなっています。

 

こうした動きは、創業時から受け継がれる“タウ・スピリット”の存在が大きいといえるでしょう。タウでは、チャレンジ精神をとても大切にしています。今後も損害車だけでなく、循環型社会の実現に向けて、さらなる挑戦を続けていきます。

 

タウが行う海外支援活動の紹介

他にも、タウは海外支援を行っています。活動の場は、タウの主要取引先であるフィリピンやミャンマー、ボリビアをはじめとする新興国。これらの国は、学用品や日用品が不足していたり、医療機器・機材の不足・老朽化で医療環境が整っていなかったりするなど、さまざまな社会問題を抱えています。

 

タウでは社会問題を抱える国々に対し、「教育」「医療・福祉」「生活」をテーマに支援を行っています。例えば、学用品や医療機器の寄贈、チャリティイベントへの参加、孤児院への寄付など。現地の状況やニーズにあった活動を行っています。

 

タウが行っている海外支援

・ランドセルや文房具等の学用品寄付

・チャリティイベントの実施

・医療奉仕活動への参加

・中古医療用ベッド・車イス・超音波診断装置の寄贈

・衣類・おもちゃ・日用品等の寄付

 

タウの評判や口コミは?利用者の満足度の高さは?

社会活動・環境活動に取り組むタウですが、実際の利用者の満足度はどうなのでしょうか? ここでは、タウを利用して高価買取を体験した方たちのご感想をご紹介します。

 

・水没車も高価買取

「水没してしまった車をどうしようか悩んでた時にタウさんに連絡させていただきました。とても親切ていねいに対応してくれ、考えていた金額より高い査定をしていただきビックリしました。車を手放す方には、是非紹介したいと思います」

 

・不動車に33万!

「不動車に33万もつけてくれました!他社は3万、10万だったのですごく驚きました。CMみたいなこと、ほんとにあるんですねぇ。LINEですべてのやり取りが完結したのも良かったです。やり取りの文面も非常にていねいで好感が持てました。今度から必ず査定はお願いしようと思いました!」

 

・年式の古い車も価格がつき、手続きも円滑

「年式の古い車でしたが、価格もつけて頂き、手続きも円滑でした。ご担当者の方の対応もていねいで大変親切でした。誠実な対応で安心してお任せできました。さすがタウさんだと感心させられました」

 

満足度の高いサービス内容は?

ご利用いただいたお客様は、私たちのどのような取り組みに高く満足していらっしゃるのでしょうか。ここで5つのポイントにまとめました。

 

  1. 対応の早さに満足した

タウは全国に支店があり、各地への査定対応が可能です。さらに、タウはどこでも無料で出張査定の対応をしています。

 

中古車買取店のなかには、買取の有無に関係なく、出張査定にかかる人件費や手数料を徴収する場合があります。しかしタウは、出張にかかる人件費や手数料も無料。安心して依頼できます。

 

  1. 手間がかからなくてよかった

車の買取には、基本的に名義変更が付きもの。さらに名義変更をするには、証明書を申請したり、陸運支局へ手数料を納付したり、さまざまな手続きが必要になります。しかし、タウではこれらの手続きを代行。手数料の差し引き金額を含めて買取をするため、利用者の手間を省くことができます。

 

  1. スムーズな引き取りに満足した

業者によっては、事前に査定額を教えてもらえないケースもあります。しかし、タウでは申し込みの段階で仮査定を実施。実際の査定をする前に仮査定を行うと、利用者はある程度の査定額を把握できます。仮査定に基づいて事前に準備・計画できるため、結果的にスムーズな引き取りにつながります。

 

  1. 他の業者より高くて助かった

利用者にとって何よりもうれしいのは、大切な愛車を高く買取ってもらえることではないでしょうか。「そもそも買取ってもらえないかも」と心配されることも多い事故車の買取であれば、なおさらです。

 

タウは事故車ニーズが高い海外に多数のネットワークを持ち、部品単位で取引可能。事故車を活かすためのノウハウを確保しています。一般的には「価値がない」と思われるような車であっても、タウにとっては“価値ある資源”なのです。

 

  1. 売却手続きや税金などの説明が丁寧でよかった

タウは、安心安全な対応を心掛けています。事故車の売買には、「高く買取ってもらえるのかな?」「手続きが大変なのだろうか?」「こちら側が支払わなければいけないお金は?」など、不安や疑問が尽きません。利用者のこういった気持ちに寄り添えるように、タウでは売却の手続き、税金の説明などをできるだけわかりやすくお伝えしています。

 

おかげさまで、タウのサービス品質は、お客様から高い評価をいただいております。

 

メディアでも注目されるタウの実績

ここ数年、台風や大雨被害で車が水没する被害が多発しています。記憶に新しいのが2019年に発生した台風19号です。台風19号は、関東や甲信、東北地方に大きな爪痕を残しました。このときの被害車両は、約10万台と予想されます。タウではこの事態を受け、災害対策本部を設置し、車両引き取り強化に尽力しました。

 

この活動は複数のメディアでも取り上げられました。

・テレビ東京 ガイアの夜明け

・テレビ東京 ワールドビジネスサテライト

・TBS   Nスタ

・TBS   News23

・フジテレビ ライブニュースイット

・テレビ朝日 グッド!モーニング

・テレビ大阪 やさしいニュース

 

また、タウのホームページでは、事故車売却のシミュレーターや水害車売却のシミュレーターを設けています。

▼事故車売却シミュレーター

https://www.tau-reuse.com/assessment/

▼水害車売却シミュレーター

https://www.tau-reuse.com/assessment/suigai/

 

事故車でお困りならタウへご相談ください

車が事故に遭ってしまったとき、水没してしまったときは、とてもショックが大きいもの。修理工場へ持ち込んでみたものの、全損扱いで「処分するしかない」といわれる場合もあるでしょう。しかしあきらめないでください! タウはどんな状態の車でも、買取を行います。売却方法や金額についても、スタッフが丁寧に対応いたします。

 

「本当に買い取ってくれるの?」と不安になっている方は、ぜひ一度ご相談ください。

無料査定はこちら CLOSE
どんな状態の事故車でも
買い取り可能です。
無料査定のご依頼は
お電話で。
どんな状態の事故車でも買い取り可能です。
無料査定のご依頼はお電話で。
CLOSE