閉じる

事故車買取コラム

車の故障が疑われる3つの症状とは?対処法や修理費用をパーツ別に解説

  • ・エンジンがかかりづらい…
  • ・車から異臭や異音がする…
  • ・車が動かなくなった…

 
上記のようにいつもと車と調子が違うと、走行して大丈夫なのか、原因はなんだろうかと、不安になりますよね。

車が故障する際には、さまざまな兆候が表われます。

実は、それらの症状からどのパーツが不具合を起こしているのかを、簡単に特定することができます。

今回は車の故障の原因を特定する3つの症状を紹介するほか、故障の原因をひと目でわかる内容を作成しました。

自分の状況と照らし合わせることで、故障の原因がわかり対処法が明確になるはずです。

車の故障かも?と不安な方は、ぜひ参考にしてください。

故障した車に現れる3つの症状

車に以下のような症状が現れた場合、故障している可能性が高いと言えるでしょう。

  • ・車からの異音がする
  • ・車から異臭がする
  • ・運転中に違和感がある

 
それぞれの詳細について、順に解説していきます。

車から異音がする

車から聞き慣れない音がした場合は、車のいずれかの箇所に不具合がある可能性があります。

異音の種類によって、どのパーツが故障しているかは次の表で判別できるので、参考にしてみてください。

ゴトゴト・ガタガタ(タイヤ周辺から)
故障箇所・故障の内容:タイヤのパンク

カチカチ(キーを回す時やスタートスイッチ押した際
故障箇所・故障の内容:バッテリー上がり

キュルキュル
故障箇所・故障の内容:
・ベルトが緩んでいる
・ベルトの滑りが悪い
・ベルトが劣化している

ゴロゴロ・ゴーゴー
故障箇所・故障の内容:ギアやベアリング(車の重みを支えたり、車輪を回したりするパーツ)が破損している

ガラガラ・ゴロゴロ
故障箇所・故障の内容:エンジンオイル(エンジン内を循環するオイル)が足りていない

金属音(カリカリ)
故障箇所・故障の内容:初期のオーバーヒート

金属音(カンカン・キンキン)
故障箇所・故障の内容:末期のオーバーヒート

バラバラ
故障箇所・故障の内容:マフラーの腐食・破損

キーキー
故障箇所・故障の内容:ブレーキパッド(ブレーキが踏まれた際に円盤型のパーツを挟んで停車させるパーツ)の摩耗

聞き覚えのある音があった場合は、故障していることを疑ってみましょう。

車から変な臭いがする

車から嗅ぎ慣れない臭いがした場合、臭いの種類によってどこに故障があるかを突き止められます。

車で感じることの多い異臭とその原因については、以下の表を参考にしてください。

甘い臭い
故障箇所・故障の内容:
・冷却水(エンジンをオーバーヒートさせないように温度を保つ液体)のタンクが損傷している
・冷却水を送り込むためのホースが損傷している

ゴムの臭い
故障箇所・故障の内容:タイヤに問題が起きている(溶け出しているなど)

ガスの臭い(焦げ臭い)
故障箇所・故障の内容:
・マフラーに穴や亀裂がある
・マフラーを繋ぐパイプに穴や亀裂がある

金属の臭い
故障箇所・故障の内容:クラッチディスク(エンジンの動力を伝達する摩擦板)に問題がある

焼けたビニールの臭い
故障箇所・故障の内容:ビニール製の配線に異常がある

酢酸の臭い
故障箇所・故障の内容:オルタネーター(エンジンの起動をサポートするパーツ)が故障している

生臭い
故障箇所・故障の内容:エアコンフィルターに埃が蓄積している

車で妙な臭いを感じた際は、どのような臭いなのかを注意深く観察してみましょう。

運転中に違和感がある

運転中に違和感を覚えた場合、違和感の種類によって車のどこに問題があるかを特定できます。

違和感とその原因については、以下の通りです。

ATの変速ショックを大きく感じる
原因:
・ATフルード(ATの動作をするための油)が足りていない
・ATフルードが劣化している

ハンドルを切った時に手応えを感じる
原因:ステアリング機構(自動車の前輪の角度を変更する仕組み)のギヤやベアリングが破損している

ある速度で走った時だけ車が揺れる
原因:ホイールアライメント(車を真っ直ぐ走らせるための仕様)が狂っている

ある速度で走った時だけハンドルが震える
原因:
・ホイールバランス(タイヤの質量の釣り合い)が狂っている
・サスペンション(車体の底とタイヤを結びつけているパーツ)にトラブルがある

運転している時に違和感を覚えた際は、ぜひ参考にしてください。

エンジンがかからない・車が動かなくなった場合の対処法

以上では、車が故障した際に現れる症状について紹介してきました

当記事を読んでいる方のなかには、故障して「エンジンがかからない・車が動かない」と困っている方がいるかもしれません。

以下では、車が動かなくなった際に試したいチェック項目と具体的な対処方法について解説します。

5つのチェック項目を試す

車が動かなくなったら、以下のチェック項目を試してみるようにしてください。

・ガソリンの残量があるか
燃料残量警告灯が点灯していた場合、ガソリンの残量が少ないということ。

公共交通機関または徒歩にて有人のガソリンスタンドへ向かい、ガソリンをもらってきましょう。

ガソリンをもらうためには、携行缶が必要です。
※携行缶とはガソリンや軽油などの燃料の持ち運びに必要な容器。プラスチックの容器ではガソリンは入れてもらえないのでご注意を

携行缶を買いに行く時間がない方や近所にガソリンスタンドがない方は、ロードサービスを依頼するようにしてください。

・「P」レンジにギアが入っているか
車はギアをPレンジかNレンジに入れないと、エンジンが動きません。

Pレンジにギアが入っているかを今一度確認してみましょう。

ギアがPレンジに入っているにも関わらず動かない場合は、サイドブレーキを引いた状態で、一旦Nレンジにしてみてください。

Nレンジにして動いた場合、レンジが入っている場所を感知するセンサーが故障している可能性が大。

対してNレンジにしても動かない場合は、他の場所に問題があると考えられます。

・ブレーキやクラッチをしっかりと踏み込めているか
車によっては、フットブレーキをしっかりと踏み込んでエンジンをかけないとエンジンが始動しない仕組みになっているものも。

またマニュアル車の場合は、フットブレーキだけでなくクラッチも十分に踏み込まねばなりません。

ブレーキやクラッチを十分に踏み込んでエンジンをかけるようにしましょう。

・ハンドルロックがかかっていないか
ハンドルロックとは、車が盗まれるのを防止するために搭載された安全装置のこと。

鍵を抜いてからハンドルを回そうとすると、ロックがかかって回せなくなるため、注意しましょう。

AT車の場合は、シフトレバーをパーキングにした状態でハンドルを左右どちらかに回し、同時に鍵も回せば、解除されますよ。

鍵がない車の場合、スタートスイッチを押した状態でハンドルを回せば解除できます。

・スマートキーの電池があるか
スマートキーの電池が切れていると、車を走らせられなくなります。

特にキーレスタイプの車は電池切れを起こしやすいので、注意しましょう。

スマートキーの電池が切れている場合は、スタートスイッチにリモコンを近づけた状態でスイッチを押してみましょう。

こうすることで、エンジンが始動する可能性があります。

車を修理に出す前に、ぜひ上記5つの点をチェックしてみてください。

ロードサービスに救援を頼む

上記の方法を試しても動かない場合は、JAFまたは自動車保険のロードサービスを依頼するようにしましょう。

JAFの会員であれば、バッテリー上がりの救援が無料で依頼可能。

牽引が必要な場合も、15km以内であれば無料となります。
出典:JAF

自動車保険に加入していると、ロードサービスはほとんどの場合、無料で救援を行ってもらえます。

ちなみに、ロードサービスを利用しても自動車保険の等級が下がることはありません。

等級は気にせず、困ったらすぐに救援を依頼するようにしましょう。
※ただし、ロードサービスと同時に車両保険金の請求をすれば、等級が上がる可能性があるのでご注意を

JAFと大手保険会社の連絡先は、以下の通りです。

車が動かなくなった時には、ぜひ参考にしてくださいね。

JAF
連絡先:0570-00-8139

チューリッヒ
連絡先:0120-860-001

ソニー損保
連絡先:0120-101-789

三井ダイレクト損保
連絡先:0120-638-312

アクサ損害保険
連絡先:0120-699-644

SBI損害保険
連絡先:0800-2222-581

そんぽ24
連絡先:0120-00-2446

故障しやすい車の部位ランキングTOP10

車の部位には、故障しやすい場所とそうでない場所が存在します。

以下では国土交通省が発表している「一般道路における故障部位別発生件数の割合」をもとに、故障しやすい車の部位をランキング形式でご紹介します。

合わせて、修理費用の目安も一欄にしているので、参考にしてみてください。

1位 タイヤ(32.1%)
修理費用:1,500〜5,000円

2位 バッテリー(29.7%)
修理費用:5,000円~43,500円

3位 オルタネーター(4.9%)
修理費用:50,000円~10万円

4位 冷却水(1.8%)
修理費用:1,000円〜4,000円

5位 クラッチ(1.3%)
修理費用:50,000〜20万円

6位 トランスミッション(効率のよい走行を実現するためのパーツ)(1.2%)
修理費用:
ATF交換(歯車を潤滑にしたりするオイルの交換)で済む場合:5,000〜30,000円
オーバーホール(車両を分解して清掃や修理を行うこと)を行う場合:20万円前後
新品に載せ替える場合:100万円前後

7位 スタータ(遠隔操作で車のエンジンを始動・停止するアイテム)(1.0%)
修理費用:50,000円前後

8位 潤滑油(1.0%)
修理費用:5,000円〜20,000円

9位 ファンベルト(エンジンの起動に役立つ「オルタネーター」や、エンジンを冷やす「ウォーターポンプ」などを動かすベルト)(0.7%)
修理費用:10,000円前後

10位 ラジエータファン(停車時にエンジンを放熱するファン)(0.6%)
修理費用:40,000〜80,000円

最も故障が多い部位は、タイヤ。

パンクやバーストといった故障で、その次にバッテリーが続きます。

車の故障の6割以上はタイヤとバッテリーが占めています。

もし、故障の疑いがある場合は特にタイヤとバッテリーを真っ先に疑ってみるのが良いでしょう。

車の故障の修理費用を安くする方法

上記で紹介した修理費用の目安を見ても分かる通り、損傷した場所や度合いによっては修理費用が100万円を超えるケースもあります。

修理を依頼する場所や方法を工夫することで、お得に修理を行える可能性も。

修理費用を安くしたい方は、以下3つの方法を試してみてください。

  • ・整備工場に依頼する
  • ・相見積もりを取る
  • ・リビルド品を使う

 
それぞれについて、順に解説していきます。

整備工場に依頼する

一般的に整備工場は、ディーラーよりも修理費用が安く済むケースがほとんどです。

整備工場が安く済みやすい理由は、大きく分けて2つ。

1つ目は、修理する際に社外パーツを使用するためです。

ディーラーの場合、修理に使用するパーツは基本的に純正のものとなります。

純正パーツは社外品よりも高いため、ディーラーに修理を依頼すると費用は自然と高額に。

純正パーツよりも安い社外パーツを使用してもらいたい方は、整備工場に依頼するようにしましょう。

2つ目の理由は、仲介手数料が発生しないため。

ディーラーに車の修理を依頼した場合、下請けの工場で修理が行われることになるため、仲介手数料がプラスで発生します。

対して整備工場の場合、その工場で修理を行ってもらえるため、仲介手数料は発生しません。

余分な費用をかけずに修理を行いたい方は、ディーラーではなく整備工場に依頼するのがよいと言えるでしょう。
 

相見積もりを取る

整備工場に修理を依頼する場合は、相見積もりを取るのがベスト。

修理内容はほぼ同じであっても、工場によって請求される費用が違うケースは大いにあるためです。

工場によって費用が変わる主な理由は、工賃にあります。

工賃をいくらに設定しているかは工場によって大きく異なるため、それに伴って全体の費用も変動するのです。

複数の整備工場で相見積もりをもらうことで、最もお得に修理できるかがわかります。

1円でもお得に直したいという方は、ぜひ複数の工場を回ってみましょう。

リビルド品を使う

リビルド品とは、廃車となった車の中から取り出された再利用可能なパーツのこと。

リビルド品は、新品よりも安い価格で販売されています。

たとえば、エンジンの始動を支えるパーツである「オルタネーター」を例に挙げてみましょう。

オルタネーターは、新品ならば最低でも50,000円はするパーツです。

しかしリビルド品の場合、そのほとんどが10,000円台で収まっています。

このように、リビルド品は新品の1/3から1/5程度の価格で購入することが可能。

クオリティは新品とほぼ遜色ないにも関わらず、金銭的に大きく得できるため、覚えておいて損はないでしょう。

新品であることに特別大きなこだわりがある方でなければ、ぜひリビルド品の使用を検討してみてください。

故障の修理費用が高額なら手放す選択肢も

故障の度合いが大きい場合、修理を依頼すると数十万円以上の費用を請求されるケースも。

修理費用があまりにも高額だと感じた場合は、修理せず車自体を手放してしまうという選択肢をとるのも有効です。

車の売却先としては、ディーラー・中古車買取業者・事故車買取業者の3つがあります。

ただし故障度合いが激しい車は、販路の兼ね合いからディーラー・中古車買取業者では値段をつけてもらうのは難しいです。

そんな時は故障車を高く買い取っている専門業者に売却するのがおすすめです。

当社、事故車買取のタウでは事故車などを専門に買取しています。

独自のノウハウやルートを生かし、故障車や事故車でも高価買取を実現しています。

なかには「中古車買取業者より30万円も高く買取ってもらえた」というお客様の声も。

全国47都道府県で無料の出張査定が可能なので、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

どんな状態の事故車でも買い取り可能です。
無料査定のご依頼はお電話で。
CLOSE