閉じる

事故車買取コラム

事故で車を損傷!修理代は車両保険を使うべき?それとも乗り換え?

交通事故に遭遇して愛車が損傷してしまった場合、「修理して乗り続けるべきか」「車両保険は利用できるのか」「もし保険を使ったら等級はどれくらい下がるのか」など、さまざまな疑問が湧いてきます

 

賠償請求による保険金が受け取れて修理が可能であったとしても、

「もう十分乗ったので売却して乗り換えてもいいかもしれない」

「大きく破損してしまったから廃車処分しよう」

と考える方もいるでしょう。

 

この記事では、事故で車が損傷した場合に修理するか乗り換えるか、また車両保険を利用して修理費用を捻出できるのかについて解説します。

 

事故後の車の処分は修理?乗り換え?

事故後の車は、修理すべきか乗り換えるか判断に迷います。お気に入りの車であれば「修理して乗り続けたい」と思う一方で、「修理費用や保険料が気になる」という方も。また、「事故を起こした車は縁起が悪い」「どのような不具合を起こすかわからないので乗り換えたい」と考える方もいるでしょう。

 

修理か乗り換えか迷った場合、まずは修理費用の見積もりと買取業者へ査定に出すことをおすすめします。修理代金や買取金額を知ることが、修理か乗り換えかを判断するひとつの目安となるからです。その際、自身が加入している保険内容を確認しましょう。車両保険に加入している方は、修理費用を保険金でまかなえる場合があります。

 

任意自動車保険の車両保険とは?

車両保険には、「一般タイプ」と「限定タイプ(エコノミー)」があります(保険会社によって名称が多少異なります)。自身が加入するタイプによって補償範囲は異なるため、ここから2つのタイプにどのような違いがあるのか見ていきましょう。

 

・一般タイプ

「ガードレールや電柱などにぶつけた」などの自損事故や、当て逃げ、転落・転覆といったさまざまなシーンの事故に対して補償されます。

 

・限定タイプ(エコノミー)

一般タイプより保険金額は安く抑えられますが、補償範囲が狭い特徴があります。一般タイプで挙げた自損事故や当て逃げなどは補償されません。

 

車両保険のどちらのタイプに加入するかは、新車か中古車か、運転する頻度、保険料などを考慮して選択しましょう。

 

また、加入する際には「免責金額」を設定できます。修理費用などの一部を自己負担することで、保険料を抑えられる仕組みのことです。

 

例えば、修理代金が38万円で「保険金50万円、免責金額10万」で設定している場合。免責金額の10万円を差し引いた、28万円の保険金が受け取れます。免責金額を高く設定すれば保険料を抑えることができ、低くすれば毎月の負担額は増えます。その他、0円設定ができない定額方式と増額方式があるなど、保険会社によって内容は異なりますので、自分に合ったプランを選びましょう。

 

保険を利用すると翌年の保険料が高くなる

自動車保険には、「ノンフリート等級制度」があります。事故や盗難、自然災害などで車両保険を利用した場合、等級が下がり翌年の保険料が高くなります。

 

一般的に新規加入時は6等級からスタート。1年間無事故(保険を利用しない)だった場合、翌年は1等級上がり保険料が割引されます。最大で20等級まであり、等級が上がれば上がるほど保険料は安くなります。

 

しかし、保険を利用した場合は等級ダウンします。基本的に事故を起こし保険を利用した場合、「3等級ダウン+事故あり係数適用期間3年」が適用されます。「事故あり」が適用されている期間は割引率が低くなり、保険料は高くなります。そのため、同じ12等級であっても無事故のほうは保険料が安くなる仕組みです。

 

台風や洪水などの自然災害、火災・爆発、盗難などの理由で車両保険を利用した場合は、「1等級ダウン+事故あり係数適用期間1年」が適用されます。保険会社によって規定が異なる場合がありますので、内容をしっかり確認しましょう。

 

翌年の等級が下がらない事故があるってホント?

保険を利用しても等級ダウンしないのが「ノーカウント事故」です。人身傷害保険、搭乗者傷害特約、弁護士特約などを利用してもカウントされず、無事故と同じく翌年は1等級上がります。

 

なぜ、保険を利用しても等級が下がらないのでしょうか? 本来、自動車保険とは相手側にケガをさせてしまうことや、車を損壊させてしまい資産価値を下げてしまうといったリスクをカバーするものです。自分自身や同乗者のケガに対する補償で保険を利用することは、自動車保険の本来の目的とは異なるため等級に影響がない、というのが理由です。

 

ノーカウント事故と判定される条件は保険会社によって内容が異なるケースがあるので、事前に確認しておきましょう。

 

自己負担で修理をしたほうがお得なケースもありますので、保険を利用するかどうかはよく確認してから決めましょう。例えば修理の見積もりが10万円以下の場合、保険は使用せず自己負担で修理したほうがお得になる可能性があります。

 

また、長年保険に加入している場合、加入当時と状況が変わっている方もいます。更新が近づいてきたら、補償内容もしっかりと見直すことをおすすめします。

 

事故を起こした車は乗り換えたほうがお得になるケースも

事故車を修理に出す場合、車両保険を使うか自己負担かを選択する必要があります。しかし、修理をしても完全に元通りにならないことも。とくに、車の骨格(フレーム)部分を修理した場合、「修復歴車」となります。骨格を損傷した車は、のちにどのような不具合を起こすかわからないため、売却時も査定額が大きく下がります。では乗り換えた場合はどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

乗り換えのメリット

乗り換えの大きなメリットは、精神的ストレスが軽減される点です。まず修理をしたからといって、完全に元通りになるわけではありません。上記でも触れたように、事故車は修理を行ってもどのような不具合を起こすかわからないため、乗り換えてしまえば故障の不安から解消されます。

 

また、事故を起こした車は「縁起が悪い」という印象もあるため、乗り換えたほうが気分的にもすっきりする方もいるでしょう。

 

もし保険会社から修理代として保険金を受け取ったとしても、そのお金で修理をしなくても問題ありません。車を売却したお金と保険金を合わせることで、新しい車を安く購入して乗り換える選択肢もあります。

 

一般的な中古車買取業者やディーラーでは事故車の査定額は低く、なかには値段すらつかず買取って貰えないことがあります。「そもそも事故車は買取って貰えないのでは?」と思う方は、事故車専門の買取業者に相談してみましょう。

 

大事にしている愛車の場合、手放したくない方もいます。とはいえ、事故車は故障のリスクもありますので、車の状態や乗り換えのメリット、予算、保険料などを視野に入れながら検討しましょう。

 

事故車の買取ならタウにおまかせ!

タウは事故車や不動車などを専門に買取る事故車専門買取業者です。事故に遭った車の処分にお困りの方は、ぜひ一度ご連絡ください。

 

事故車は日本国内ではニーズが少なく、人気がありません。しかし、世界で見ると日本車はとても人気があり、海外にはたとえ壊れている日本車であっても高く売れる地域があります。タウはそんな海外への流通ネットワークを持っており、どんな状態の車でも買取を行っています。

 

タウは全国22拠点あり、どこでも無料で出張査定が可能。レッカー代や名義変更の手数料なども無料です。

 

加えて、業界初の「オンライン事故車査定システム」(旧事故車売却シミュレーター)も導入しました。「すぐに買取金額が知りたい」「査定に立ち会えない」という方におすすめのシステムで、車両情報や損傷状態を入力するだけで査定金額がわかります。査定金額に納得していただけた場合、そのままオンライン上で契約可能です。

オンライン事故車査定システムをチェックしてみる→https://www.tau-reuse.com/assessment/

 

その他、24時間受付可能の売却相談ダイヤルも設けていますので、事故車の対処にお困りの方はタウへご相談ください。

無料査定はこちら CLOSE
どんな状態の事故車でも
買い取り可能です。
無料査定のご依頼は
お電話で。
どんな状態の事故車でも買い取り可能です。
無料査定のご依頼はお電話で。
CLOSE