閉じる

事故車買取コラム

自賠責?任意?車を乗るなら覚えておきたい自動車保険

すべての車の所有者には自賠責保険の加入が義務づけられています。しかし車に関する保険はそれだけでなく、幅広い補償範囲がある任意保険や、車両保険もあります。それぞれの保険の補償内容や加入すべき保険の種類がわからない方もいるのではないでしょうか。また万が一交通事故に遭って保険を利用すると等級が下がり、翌年の保険料が高くなることも知っておくべきでしょう。

 

この記事では、車を所有して運転する際に加入する自動車保険の種類、選び方などについて解説します。


まずは押さえておきたい自動車保険の種類

車を所有する際、忘れてはいけないのが保険です。まずは、保険の種類について見ていきましょう。

 

自賠責保険

自動車保険のなかでも、必ず加入しなければならないのが「自賠責保険」です。自動車損害賠償保障法によって加入が定められており、未加入や期限切れの状態で運転した場合は次のような罰金や処分があります。

 

自賠責保険(共済)未加入や期限切れ

→1年以下の懲役または50万円以下の罰金

違反点数6点が付加され免許停止処分

自賠責保険(共済)の証明書の未所持

→30万円以下の罰金

 

また、自賠責保険の補償範囲は「対人」のみで、ぶつけてしまった車両や建物などは補償されません。ケガや入院費用など「傷害による損害」は、1名につき限度額120万円。後遺障害時は最高で1名につき4,000万円。死亡時は、1名につき3,000万円の補償となります。未加入の場合、これらをすべて自分で支払わなければなりません。

 

任意自動車保険

任意自動車保険は個々で加入する保険です。加入するかどうかは自由ですが、自賠責保険では足りない部分を補償する大切な保険。入っておいたほうが安心でしょう。実際に交通事故によって被害者が死亡または後遺障害となった過去の判例では、3億円を超える賠償金額を命ぜられたものがあります。

 

また、対物賠償保険や人身傷害補償保険など、任意自動車保険は自賠責保険にない補償内容もあります。一方で補償内容によって保険料は高くなりますので、「どこまで補償をつけるのか」「自分に必要な補償は何か」など、しっかりと考えて加入しましょう。

 

車両保険

車両保険は、任意保険のなかのひとつです。上記の任意保険で相手の車は対物補償が適用されますが、自身の車の補償には車両保険が必要です。交通事故だけではなく、盗難や水没、「雪でガレージが崩壊して車が傷ついてしまった」など、補償のケースが幅広いのが特徴です。

 

任意自動車保険の選び方

任意自動車保険は、加入状況によって保険料が大きく異なります。

 

  • 対人賠償保険

自賠責保険と補償内容は被りますが、事故で相手を死傷させてしまった場合の補償です。自賠責保険の上限額では支払いきれない場合に適用されるため、無制限補償をつけたほうが安心でしょう。

 

  • 人身傷害補償保険

事故の相手ではなく、運転者本人と搭乗者に対する補償です。事故に遭って加入者がケガを負ったときに、過失の割合に左右されず保険金が支払われます。

 

  • 自損事故保険

運転手の不注意など過失によって起こした単独事故(自損事故)に対する補償です。搭乗者のケガも補償されます。

 

  • 対物賠償保険

ガードレールや信号機に突っ込んでしまったり相手の車を傷つけてしまったりした場合に補償してもらえます。例えば信号機を壊したときの賠償金は500万円を超す場合もあり、対物補償がないと自腹での支払いになります。

 

その他、コンビニやスーパーといった商業施設や店舗に突っ込んでしまうと、関接的な損害が膨大になる恐れがあります。休業中の売上補償、壊れた商品の弁償、従業員の給与など、営業できない間の補償も必要となるため多額の賠償金が必要となるケースも。いざというときの助けになる対物賠償は保険金額を「無制限」に設定しておくと、何かと安心です。

 

  • 車両保険

車両保険は自身の車に対する補償です。車両保険をつけると保険料が高くなり負担が大きい場合は、免責金額を高めに設定して保険料を抑える方法があります。

 

免責金額とは一部自腹で負担する金額のこと。修理代金30万円に対して免責金額を10万円で設定している場合、保険会社から20万円の保険金が下り、残りの10万円は自分で負担することになります。

 

任意保険の内容についてご紹介しましたが、それぞれの限度額や補償内容を見直すことで保険料は抑えられます。また、保険会社によって金額や補償内容、オプション、特約などが異なりますので、一括見積りサイトなどで比較すると良いでしょう。

 

任意自動車保険のノンフリート等級について

任意自動車保険で忘れてはならないのが「ノンフリート等級」という制度。初めて任意保険に加入した場合は「6等級」からはじまり、1年間保険を使用しなければ1等級ずつ上がります。そして等級が上がるごとに保険料は割安になります。

 

もし事故や盗難などで保険を利用する場合、3等級ダウンまたは1等級ダウン。翌年の保険料は高くなります。3等級ダウンは主に対人賠償、対物賠償、建物などに車をぶつけて車両保険が使用された場合に適用されます。

 

1等級ダウンは、車が盗難にあったり大雨や洪水など自然災害で車が損傷したりしたケースで車両保険を使用した場合に適用されます。ただし、これらはあくまでも一例です。あなたが加入する保険会社が定める内容をよく確認しましょう。

 

その他、保険を使用しても等級ダウンしない「ノーカウント事故」があります。人身傷害、搭乗者傷害、個人賠償特約のみ使用した場合、ノーカウント事故となるケースがあります。

 

とくに車両保険の場合、ちょっとした損傷であれば保険を使わず、自腹で修理したほうが安上がりになることも。保険を使用したら何等級下がり、翌年の保険料はどの程度上がるのか、保険会社に問い合わせた上で検討しましょう。

 

事故に遭って保険金が支払われるまでの流れ

突然の交通事故によってケガを負ってしまうと、日常生活だけでなく仕事にも支障をきたし、家計を圧迫する心配もあります。また自分のケガを治すための入院や検査費用だけでなく、相手側の車の修理や賠償金など、思わぬ出費に困惑することでしょう。

 

このような不慮の事故が原因で想定外の出費がかさむことがわかると、早く保険料を受け取りたいと思うのが当然。しかし保険会社へ連絡をして請求しても、すぐには保険金を受け取れないケースもあります。いざ保険金が必要なときに慌てないよう、事故を起こす前に保険金が支払われるまでの流れを頭に入れておきましょう。

 

<自賠責保険>

保険を受け取るにはいくつかパターンがあり、それぞれ支払われるまでの時期が異なります。

 

相手の任意保険会社が一括対応する場合、示談交渉が終えてからの支払いとなります。そのため示談交渉が難航すれば支払いも遅くなります。

 

次に自身で自賠責保険へ「被害者請求」をした場合、早くて1ヵ月程度で支払われます。請求書類を送ってから調査・審査が行われますが、事故の内容によっては数ヵ月かかることも。

 

最後に、人身事故の被害者は自賠責保険に対して「仮渡金(かりわたしきん)」を請求できます。基本的に保険金は示談が成立するまで支払われないため、金銭的に余裕がない被害者救済のために設けられた制度です。自賠責保険会社からの仮の保険金として受け取ることができ、申請後は1週間程度で支払われます。

 

<任意自動車保険>

加害者側の任意自動車保険会社から保険金が支払われるのは、早くても3ヵ月程度です。想像以上に長い期間でしょう。

 

基本的な流れは、ケガの治療を終えた、あるいは症状固定と診断されてから、相手の保険会社と示談交渉となります。このとき、損害額に問題がなければ3ヵ月程度で支払われますが、過失割合や損害額に納得がいかない場合、長期化する可能性も。

 

相手側の不注意などによるもらい事故だった場合、1日でも早く賠償額を支払ってもらいたいものでしょう。しかし支払いに関するトラブルが発生すると、交渉に苦労することがあります。

 

自分に過失がない交通事故に遭って相手側に損害賠償請求をしても、

・相手が任意保険に加入していない

・相手が請求に応じず支払ってくれない

・相手の加入する保険会社から提示された賠償額に納得がいかない

といった場合は、示談交渉が難航します。裁判に持ち込んだ場合は、半年~1年以上かかることも。

 

示談がスムーズにいって損害賠償金が確定したら、2週間程度で振り込まれるのが一般的です。

 

交通事故後は車の修理代、治療費、ケガで仕事へ行けないなど、家計への圧迫が心配になります。任意保険会社からの賠償金がすぐに受け取れず金銭的に余裕がない場合は、自賠責保険の仮渡金などをうまく利用しましょう。

 

自動車保険の加入・更新はいつすべき?

初めて車を購入する場合、保険はどのタイミングで加入すれば良いのでしょうか?また、車を乗り換えたときは保険をどうしたら良いのかなど、保険の加入や更新について確認しましょう。

 

<自賠責保険>

先述しましたが、自賠責保険は必ず加入しなければならない保険です。そのため納車日に合わせて加入する必要があります。車を購入時に販売会社が案内している場合や、任意保険会社が自賠責保険を用意していますので、納車日に間に合うよう加入しましょう。

 

また、自賠責保険は「人」ではなく「車」にかけられる保険です。そのため車を乗り換えたときは、新規加入となります。

 

自賠責保険の更新は、車検のときに合わせて行うのが一般的。加入時は車検より少し長めに加入していますが、車検に出す時間が取れずに自賠責保険が切れてしまうと、車検を受けられません。もし車検と自賠責保険が切れてしまったら、仮ナンバーの取得と同時に自賠責保険に再加入してから車検に出しましょう。

 

<任意保険>

任意保険は自賠責保険と同じく、納車日に合わせて加入しておくと安心です。任意保険はさまざまな保険会社が用意していますので、一括査定で保険内容や金額、特約などしっかり見比べて加入しましょう。

 

任意保険は基本的に1年ごとの更新となります。更新を知らせるはがきやメール、書類などが届きますので、忘れずに更新しましょう。一部の保険会社では自動更新(会社によって名称が異なります)を取り入れている場合がありますので、毎年更新するのが面倒な方は、自動更新が便利です。

 

車を乗り換えた場合、任意保険への再加入は不要です。しかし「車両入替」手続きしなければならないので注意しましょう。もし車両入替を行わず事故を起こしてしまった場合、保険が適応されません。

 

保険で修理せず処分を検討中ならタウにご相談を!

事故や自然災害などはいつ起こるかわかりません。自分がどのような保険に加入し、どんな補償が受けられるのかを、今のうちにしっかり把握しておきましょう。事故ではなく「鍵をなくした」「ガス欠で車が動かない」といった場合は、ロードサービスを受けられる場合もあります。

 

また交通事故などのトラブル時は、「損傷した車をどうするか?」といった点も悩みの種。「査定に出してもほぼ値がつかない」とお困りの方もいるでしょう。そんな事故車や水没車といった損害車の処分をお考えならぜひタウにお任せください!

 

タウではどのような状態の車でも買取を行います。全国無料出張査定や「オンライン事故車査定システム」(旧事故車売却シミュレーター)もございますので、ぜひ一度お問い合わせください。

 

査定申込はこちらをチェック→https://www.tau-reuse.com/form

オンライン事故車査定システムはこちらをチェック→https://www.tau-reuse.com/assessment/

無料査定はこちら CLOSE
どんな状態の事故車でも
買い取り可能です。
無料査定のご依頼は
お電話で。
どんな状態の事故車でも買い取り可能です。
無料査定のご依頼はお電話で。
CLOSE