閉じる

事故車買取コラム

廃車売却時は悪徳買取業者に要注意!優良企業との見極め方

車を売却するため買取業者を探す際、みなさんはどのように買取業者を選びますか?家から近い業者やインターネットで見つけている方が多いのではないでしょうか。

しかし、車買取業者の中には、残念ながら悪徳業者は存在します。初対面では悪徳業者か優良業者かの判断はつきにくく、変だなと思ったときには、すでにトラブルに陥っていることも少なくありません。ここでは、悪徳業者にひっかからないための基本的な知識と優良業者との見極め方についてご紹介します。

 

車売却時に気をつけたい悪徳業者

言葉巧みに売買契約の成立をうながす悪徳業者は少なからず存在します。車を売却する際、このような業者との金銭トラブルには注意が必要です。車の売却に関する基本的な知識がないために、査定を安く見積もられたり、売却時に査定金額よりも低い額を提示されたり、入金されなかったりするケースもあります。

 

一方、優良業者は顧客の立場から的確な助言をくれます。顧客が最適な方法を選択できるよう、いくつかの選択肢を提示してくれることもあります。優良業者と悪徳業者の違いは、「誠実さ」と「対応力」です。車の売却で損をしないためにも、悪徳業者によくある対応について知っておきましょう。

 

・売却額を下げようとする

相場よりも安い買取額を提示してきます。相場を知らないと提示された価格が妥当か分からず、承諾してしまうでしょう。仮に相場を知っていても、車に「傷がついている」「凹みがある」「相場が下がった」など、事実とは異なることを理由に金額を下げようとしたり、顧客が売却すると決め、売却当日にこのように言いがかりをつけてきたりすることもあります。

 

・手数料がかかる

売却時に、価格の〇%の手数料がかかるといわれることがあります。交渉中にはその手数料のことに触れず、買取価格から相殺することも少なくありません。手数料は業者によってまちまちなので、「手数料」の名目でお金を多く手に入れる、もしくは安価に車を買取ろうとします。

 

・契約をするまで居座る

悪徳業者に限らず、業者は車を売ってくれる人を探しています。そのため、顧客をカンタンに手放したくない理由から、少なからず交渉してくるのが一般的です。しかし、悪徳業者の場合は他社に車を売却される前に契約を締結させようとしてきます。考える時間を与えず、顧客が「売ります」というまで執拗に引き留めるケースが多く見られます。

 

・自動車税の還付金について説明をしない、返金しない

車を保有していたら、必ず自動車税を納税しなければいけませんが、廃車にすると年額を12ヵ月で割り、4月から保有していた月数を差し引いた残りの金額が還付されます。自動車税還付を知らない方もおり、このような説明をせずに本来顧客に還付されるはずのお金を悪徳業者が受け取るといったトラブルも多くみられます。

 

まずは、この還付金について説明がない場合は、悪徳業者の可能性があります。説明があっても、還付金は手数料として相殺(そうさい)され返金されないこともあるので注意しましょう。

 

・買取金額を振り込まない

相場より高く見積もり、顧客を喜ばせておきながら、車の引き渡し後にお金を振り込まない最悪のケースです。相場以上の見積もりの場合は、こうしたトラブルが起こる可能性もあります。

 

もし悪徳業者にあってしまった場合の対処法

悪徳業者も悟られないよう用心しているため、注意をしていても悪徳業者をカンタンに見破ることは難しいのが現状です。それでも被害を未然に防ぐために気をつけるべきポイントがあります。

 

車を売却するときに必ず査定額が提示されます。車の相場は変動するため、実際の売却額は査定額と同じなのか、それとも売却日の相場になるのか事前に確認しておきましょう。

次に、査定の内訳を明確にしてもらいましょう。査定価格から手数料が引かれている可能性があります。手数料が適当な金額か、それとも高額か確認することが大切です。

自動車税の還付金について説明してもらうことも、忘れてはいけません。還付金がどのような扱いになっているのか明確にしておくことで、トラブルを避けられます。

また、業者に質問をしたときにあいまいな返答だったり、即答(そくとう)を避けたりといった場合は気をつけましょう。とくにお金に関することは、その場で解決しなければ大きなトラブルの元となります。

 

キャンセル料の支払いを要求された場合

万が一、悪徳業者にひっかかってしまった場合は慌てずに対処しましょう。

話を進めていく中で、何かおかしいと感じた際はすぐに取引を中止します。その際、キャンセル料を支払うように要求されるかもしれませんが、本契約していなければキャンセル料は支払う必要はありません。これは消費者契約によって、顧客側が保証されているためです。それでも執拗にキャンセル料の支払いを要求していきた場合は、弁護士事務所や法テラスに相談しましょう。

 

契約の即決を求めてくる場合

契約をするまでなかなか帰らない、もしくは帰らせてもらえない場合は、自分だけでは即決することができないことをはっきりと伝えてください。即決する権利がないと分かれば、その場で誰が即決できるのか聞いてくることがあるかもしれません。家族みんなで決めるなど、多数の意見が必要であることを伝えると、悪徳業者はその場での即決は無理だと判断して、後日改めて商談しようと一旦話が終わることが多いです。

 

自動車税の還付金について説明がない場合

自動車税の還付金があるかどうかを確認するために、自分で廃車手続きが完了しているか確認してみましょう。陸運支局まで行く必要はなく、インターネット上で確認できます。もし、廃車手続きが完了していなかったら、自動車税の納付通知が翌年も届く可能性があります。

 

優良な廃車買取業者を選ぶポイントとは?

優良な廃車買取業者を選ぶポイントはいくつかあります。そのポイントをおさえることで、納得の業者と取引が行えるので覚えておきましょう。

 

評判の良い信頼できる業者は、車のマイナス面だけではなくプラスの面もしっかりと査定してくれます。例えば、走行距離や外観、車種など業者によって注目すべきポイントは異なりますが、プラスの評価をしてくれる業者は信頼できます。また、見積もりの内訳が明確になっていることも優良業者の証です。

 

悪徳業者がよく提示する「手数料」についても、信頼と実績のある優良業者は手数料がほとんどなく、また車が動かない場合のレッカー代も無料です。ムダな費用がかからないこと、充実したサポートが大きなポイントとなります。

 

優良業者は自社に自信をもっていることから、公式ホームページ上で情報を公開しています。相談する前に、ホームページを確認してみることも大切です。

 

事故を起こして廃車の処分に困っている方はタウにお任せ!

「事故車や水没車を手放す場合、廃車にするしかない」

「事故車や不動車を売却したいけど、ほとんど値段がつかなくて困っている」

 

このように車の処分でお困りなら、諦めずにタウへご相談ください

 

実際に、中古車買取業者やディーラーに相談にいくと、買取不可能や低額での売却となることも少なくありません。しかし、事故車買取専門業者であるタウは、事故車、水没車、故障車を専門に取り扱っており、他では買取が困難であった車でも買取してきた実績が豊富にあります。

 

・119ヵ国もある海外への販売ネットワーク

タウは、アジアや中南米を中心に海外119ヵ国に販売ネットワークを持っています。たとえ事故車であっても日本車は海外で人気が高いため、高値で取引されます。日本と諸外国の「価値観の違い」や「流通価格の差」に着目したタウだからこそできるビジネスモデルです。

 

・全国どこでも無料で出張査定

「自宅まで査定に来てくれたら楽なのに……」。タウは、そのようなご要望にもお応えします。タウは日本全国24ヵ所以上に拠点があり、お客様のご自宅やお車を保管されている場所まで無料でお伺いします。

 

・自宅で査定金額、買取金額がわかる

タウのホームページには、Web上で買取金額が提示される「オンライン事故車査定システム」、おおよその買取相場を把握できる「水害車売却シミュレーター」、自動車税の還付金の目安がわかるシミュレーターを設けています。

 

故障車や水没車は、車の移動が困難であるため、もちろんタウではレッカー代や手数料はかかりません。

 

まとめ

車の売却の際、査定価格よりも売却額が安かった、後から手数料やレッカー代を請求されたりなどのトラブルは絶えません。こうしたトラブルを未然に防ぐ一番重要なポイントは、“実績が多く評判の良い業者を選ぶこと”です。情報を公開している業者は信頼が厚く、顧客の立場にたった親切な対応をしてくれるはずです。

 

事故車、故障車、水没車の売却は、安心と信頼のタウにぜひご相談ください。

 

無料査定のご依頼は、お電話・メール・フォームから受けつけています!

 

無料査定はこちら CLOSE
どんな状態の事故車でも
買い取り可能です。
無料査定のご依頼は
お電話で。
どんな状態の事故車でも買い取り可能です。
無料査定のご依頼はお電話で。
CLOSE