閉じる

事故車買取コラム

事故車を廃車!加入している保険はどうなる?

事故でやむを得ず愛車を廃車にするとき、加入している自動車保険は解約すればいいのか、継続のままで良いのかは悩むポイントだと思います。

 

自動車保険には、自賠責保険と任意自動車保険があり、それぞれ手続きが必要になります。この記事では、廃車にする場合、それまでに支払った保険料は戻ってくるのか?車を乗り換える予定がある場合、再加入が必要なのか?等級はどうなるのか?など、詳しく解説します。

 

事故車を廃車するとき保険はどうなる?

車を購入した際、自賠責保険と任意自動車保険に加入します。まずは保険の種類についておさらいしましょう。

 

・自賠責保険

自動車保険の基本といえるのが自賠責保険です。自賠責保険は、すべての車の所有者に加入が義務づけられている保険で、“強制保険”とも呼ばれます。基本的に車の購入時に加入し、車検時に更新されます。

自賠責保険が切れた状態で公道を走行すると、1年以下の懲役または50万円以下の罰金となります。それだけでなく、違反点数6点が付加されるため免許停止処分になります。一般的に、自賠責保険証明書は車のダッシュボードに入っています。この証明書を不携帯で運転すると、罰金の対象となるので気をつけましょう。

 

自賠責保険で補償されるのは人間(他人)のみで、建物や自分の車、相手の車などを壊してしまっても、保険金は全く支払われません。人への補償は最高で4,000万円、死亡時で3,000万円となっています。

もし、事故加害者になってしまった場合、ご自身のケガや車は補償されません。

 

・任意自動車保険

自賠責保険とは違い、自分の意思で加入するかを決められるのが「任意保険」です。

しかし、実際の事故では想像以上にお金が必要となり、賠償金額が1億円を超える事例も珍しくはありません。自賠責保険だけでは保障が足りないケースが多く、任意保険への加入が推奨されています。

 

任意保険は補償範囲を自分の判断で設定できるのが特徴で、細かい項目が設けられています。

 

●対人賠償保険

●対物賠償保険

●人身傷害保険

●搭乗者傷害保険

●車両保険

●無保険車傷害保険

 

保険会社によって多少異なりますが、一般的には上記の補償が用意されており、必要なものだけを選んで加入したり金額を設定したりできます。

 

廃車にする際の自賠責保険について

自賠責保険の場合、すでに支払っている保険料は戻りますが、自賠責保険が1ヵ月以上残っている場合に限ります。また、保険料は自動的に入金されないので注意しましょう。

 

自賠責保険の返金額は、次の計算式で算出できます。

 

返金額=支払った保険料÷加入期間×残存月数

※自賠責保険の加入期間は最短で1ヵ月から最長で37ヵ月です。

 

・自賠責保険の解約方法

自賠責保険の解約を行う際には、いくつかの書類が必要となります。

 

【普通自動車の場合】

陸運局に「登録事項等証明書」を交付請求する必要があります。登録事項等証明書を交付する手続きを見てみましょう。

 

1.指定の様式に「自動車登録番号か車台番号」や「請求理由」を記入

2.1で記入したものと「本人確認書類」を準備

3.2で準備したものを「運輸支局」または「自動車検査登録事務所」に提出

4.登録事項等証明書の交付

 

・軽自動車の場合

軽自動車の場合、上記3の提出先が「軽自動車検査協会」または「全国軽自動車協会連合会」なので注意しましょう。

 

登録事項等証明書の交付を受ければ、あとは他の書類を準備して自賠責保険の解約手続きをするだけです。必要な書類は以下の3つです。

 

●解約事由の確認書類(登録事項等証明書)

●自賠責保険承認請求書

●自賠責保険証明書

 

以上の書類と印鑑、身分証明書、保険料の振込先がわかるものを持って保険会社に行きましょう。自賠責保険の解約ができれば、数日後には保険料が指定の口座に振り込まれます。

 

注意すべきなのが、還付される基準日です。返金額にも関係する基準日は、保険会社と解約の申請を行った日です。例えば、保険会社に解約の意思を伝えた日が1月1日であったとしても、窓口で申請を行った日が2月1日の場合、解約日は2月1日です。自賠責保険解約の手続きが遅れると、還付される保険料も少なくなるので気をつけましょう。

 

廃車にする際の任意自動車保険

任意保険の場合、乗り換える予定があるかないかで対処方法は異なります。

 

・すぐに乗り換える予定がある

乗り換えの予定がある場合、任意保険を解約する必要はありません。ただし、任意保険を引き続き利用するには「車両入替手続き」が必要です。新しい車を決めたら、納車前に手続きしましょう。もし手続きしていないと、新しい車は補償されませんので、新車の購入前に契約している保険会社へ連絡しましょう。

 

手続きの方法は保険会社によって異なるため確認が必要ですが、電話やインターネットで変更連絡をします。その後、代理店に直接行くか、郵送で書面のやり取りを行うか、インターネットで手続きを行います。

 

・いますぐではないが、乗り換えの予定がある

すぐに新車を購入しないが乗り換えの予定がある場合、任意保険の中断制度を利用できます。「中断制度」とは、等級実績を将来的に新しい車へ引き継げる制度のことで、中断している間は保険料の支払いはありません。

 

一度解約をしてしまうと再加入の必要があり、ノンフリート等級が新規加入と同じ6等級からのスタートとなります。保険料は等級によって割引額が変なるので、現在の等級が7等級以上の場合は中断制度を利用した方がお得になるシステムです。

 

等級の中断期間は最長で10年です。車の売却や廃車などで保険契約を解約せざるを得ない状況で、数年後に車を購入することが想定される場合に利用できる制度です。

 

中断制度を利用する場合は、まず「中断証明書」の発行申請を行います。この際、一定の条件を満たさなければ証明書を受けられないケースがあるので注意してください。

 

一つの例として、チューリッヒ保険会社の中断証明書発行の条件をチェックしましょう。

 

●廃車・譲渡・売却により車を手放す場合

●車検切れや、一時抹消している場合

●一時的な観光目的以外で海外に渡航する場合

●車が盗難にあった場合

●再開時の等級が7等級以上の場合

※保険会社によって条件は異なる場合があります。

 

これらの条件を満たしていなければ、中断制度を利用することはできません。スムーズに申請を行うためにも、あらかじめ加入している保険会社に条件を確認しておきましょう。

 

また、再契約における条件もあります。

チューリッヒ保険会社の再契約条件を見てみましょう。

 

●中断証明書の有効期限内であること

●新しい車を取得してから1年以内に契約を開始すること

●海外渡航による中断の場合、帰国日から1年以内であること

●等級を引き継ぐ記名保険者が本人(または配偶者・同居の家族)であること

※同じ等級で保険を開始するには他にも条件があります。

 

・廃車後は車に乗る予定がない

廃車後は新しい車に乗る予定がない場合は、解約手続きを行います。解約日によっては、保険料が返金される可能性もあるため、早めに手続きを行いましょう。

 

廃車の日が決まっている場合は、「先付け解約」ができます。保険会社に廃車する日を事前に連絡しておけば、解約できる制度です。廃車手続きと任意保険の解約手続きは連動しておらず、車を廃車したからといって、任意保険が自動的に解約されるわけではありません。車がないのに、ずっと保険料を払い続けるということにならないよう、先付け解約の手続きを忘れずに行いましょう。

 

自動車税の還付金について知る

普通自動車であれば、保険だけではなく自動車税の還付金も受け取れます。ただし、軽自動車に自動車税の還付はありません。

 

自動車税というのは、車の所有者に対して課せられる税金で、廃車によって車の持ち主がいなくなれば税金もかかりません。年度の途中で車を手放した場合、すでに支払っている自動車税のなかから、残存期間分が戻ってきます。計算の対象となるのは、廃車手続きが完了した日の翌月から次の3月までの期間です。

 

自動車税の還付を受けるためには、持っている車の所有権を解除します。それが抹消登録です。抹消登録には、永久抹消登録と一時抹消登録の2種類があります。永久抹消登録は、解体業者によって車が解体され、存在しない状態にした上でナンバーを返却するものです。永久抹消登録をすれば、再び車両の登録はできません。

 

一時抹消登録で一時的に車検を切ると、ナンバーを外すことになるため公道は走れません。車はそのまま存在するため、もう一度車に乗りたい場合は車検を受け、ナンバーを付与する必要があります。長期間車に乗らないことがわかっている場合や、オークションなどで他の人に車を譲渡するときなどに利用します。

 

他に特別な手続きは必要ありません。運輸支局(陸運局)で車の抹消登録手続きをすれば、情報が都道府県の税事務所に自動的に共有され、還付金を受け取ることができます。わざわざ税務所に報告する手間もありません。ただし、自治体によっては別途書類が必要になることもあるので、事前に管轄の税務所のホームページを見ておきましょう。

 

廃車手続きはタウにおまかせください!

事故車買取専門店のタウでは、事故車や故障車だけでなく、廃車にする車の買取も行っています。どんな車であっても0円以上の買取保証をしているので、まずはご相談ください。レッカーや名義変更の手続きなど、すべて無料で行っています。

 

また、自動車税の還付金シミュレーターをWeb上でご利用いただけます。自宅や外出先でカンタンに還付金額の目安をチェックできます。廃車時期や車検満了月などを選択することで、還付金の計算が可能です。

 

【還付金額をチェックする】

https://www.tau-reuse.com/support/tax/

 

「廃車にするしかない」といわれてしまった事故車や水没車も、当社では買取を行っております。

事前に査定額を知りたい方は、事故車・水害車シミュレーターをぜひご利用ください。

 

【事故車の査定額を知りたい】

https://www.tau-reuse.com/assessment/

【水害車の査定額を知りたい】

https://www.tau-reuse.com/assessment/suigai/

 

電話やインターネットのほか、LINEでも査定を受け付けております。乗り換えを検討している方は、お気軽にご相談ください。

無料査定はこちら CLOSE
どんな状態の事故車でも
買い取り可能です。
無料査定のご依頼は
お電話で。
どんな状態の事故車でも買い取り可能です。
無料査定のご依頼はお電話で。
CLOSE